AKB48・チーム8の小栗有以と本田仁美が20歳となり、1月10日に成人の日を迎えた。2014年のチーム8発足時は末っ子の12歳だったが、小栗はAKB48のセンターを任される存在となり、本田は韓国・IZ*ONEでの活動を通して大きく成長し、2021年5月にAKB48へ帰ってきた。チーム8関東メンバーがレギュラー出演する「AKB48チーム8のKANTO白書 バッチこーい!」(毎月2回日曜夜11:30-0:00、チバテレ)では、1月23日(日)の放送で小栗の20歳を記念した企画を実施。収録後、今ではAKB48を支える中心メンバーとなった“ひぃゆぃ”の二人に、20歳を迎えた心境、互いの存在についてなどを語ってもらった。

■小栗有以「自分が好きな年齢でいる」という言葉で気持ちが楽に

――20歳となった心境から聞かせてください。

本田:私自身、20歳は自分にとってすごく遠いものだと思っていたので、改めて自分が本当に20歳になった時はまだまだ実感がなくて、周りから言われてどんどん実感していっている感じです。でも、自分自身でもちょっと大人っぽくなれた部分はあるのかなっていうのはあります。

小栗:私も実感はないんですが、20歳になったらしっかりしなきゃとか、もう大人だから自立しなきゃっていうのはどうしてもあるし、私もそうなろうとは思うんです。でも、お兄ちゃんからLINEでお誕生日にメッセージが来て、暦では20歳だけど、でも自分の好きな年齢で…あ、おばあちゃんでした(笑)。

おばあちゃんが「暦では20歳だけど、自分の好きな年齢でいていいんだよ」と言ってくれて。確かに20歳ではあるけど、「自分が好きな年齢でいる」という言葉で気持ちが楽になったので、20歳だからといって気負い過ぎず、でもしっかりしていけたらいいなと思いました。

――周囲の人たちはどんな反応ですか?

本田:メンバーから言われました。小学校を卒業してすぐに(チーム8に)入ったので、「ひぃちゃんがお酒を飲めるようになったんだ」みたいにビックリされました。

小栗:私もメンバーから同じようなことを言ってもらいました。あと、スタッフさんも私たちは特に“クソガキ”みたいな…。

本田:そう、クソガキだったから(笑)。

小栗:確かにいたずらをするのが好きで、人にドッキリを仕掛けたりとか、そういうのがすごく好きだったので、そんな私たちが20歳になったということで、みんなが「大人になったね」と言ってくれるのはすごくうれしいです。みんなと同じ立ち位置に、仲間入りができたなって。

――いたずらをされていたんですね。

本田:今の(若い)子はみんなしっかりしていますけど、私たちは今考えたら本当に大人に迷惑を掛けていたなって(笑)。でも、それがすごく楽しかったし、みんなが許してくれていたんです。

――20歳になった今、10代のうちにやっておきたかったと思うことはありますか?

本田:私は“過去に戻れるなら”になるんですけど、部活動をやってみたかったなって。(部活の)スポーツとかは学生でしか味わえないことじゃないですか。だから、そういう青春時代のようなものを味わってみたかったなとは思います。(AKB48の)活動の上での後悔みたいなものは、あまりないですね。

小栗:確かに。例えば(若いうちにやっておきたいことで)ツインテールとかよくありますけど、別に大人になってもできることはできるので…何だろう。高校と両立して通っていて、でも普通の高校生と会話した時に、すごくイケイケというか(同級生が)若く感じて。同じ世代だけど、自分は落ち着いちゃっているんだなというのをすごく感じるんです。

JKとかの若いはやりの言葉を言ってみんなでワイワイするとか、みんなでパーティーとか、そういう“THE 青春”というようなことができていなかったのかなと思うので、20歳になってからでもできたらいいなと思います。

本田:大人の人と接する機会は、たぶん普通の高校生より多かったと思うので、そう考えるとやっぱりちょっと「落ち着いている」と思われることは多かったかもしれないですね。

■本田仁美、韓国で学んできたことをAKB48内で共有

――2018年から本田さんがIZ*ONEの活動に専念し、約2年半離れて活動されていました。小栗さんはAKB48の中心メンバーとして、本田さんは海外でAKB48の名前を広めるという、それぞれの役割があったと思いますが、お互いの活動をどう思っていましたか?

本田:やっぱり昔から一緒に頑張ってきたから、AKB48の中心メンバーとして立っているというのが私も自分のようにすごくうれしかったですし、そういう有以ちゃんを韓国から見ていて、自分ももっと頑張ろうっていい刺激をもらっていたなと思います。

小栗:(AKB48の)みんながIZ*ONEを好きで、メンバーも曲をいっぱい聴いたり、IZ*ONEの映像を見て「みんなかわいい!」って、もちろんひぃちゃんもチェックしていて、AKB48では味わえない、向こうでしか味わえない、いろいろな刺激だったりとか、いろいろな良さを向こうで経験できているのはすごく素晴らしいなと思うし、それでひぃちゃんがどんどん大人にもなっているし、進化しているのがすごいなって思っていました。

しかも、それを自分の中で留めるだけじゃなく、(AKB48に)帰ってきてみんなに共有してくれるのが優しくて、すごくすてきだなと思いました。これからもまだまだ教えてもらいたいです。

――本田さんが戻ってきたことで、AKB48内に新しい風が吹いたんですね?

小栗:そうですね。よくみんなと話しているんですけど、「根も葉もRumor」でひぃちゃんが選抜に入ってくれて、ダンスなどのやり方? フリーレッスンとかでも韓国と日本じゃやり方が違うから、ひぃちゃんは韓国で体に染み込ませたことをいろいろ教えてくれているんです。動画をスローで撮って、間違えている人をそろえてくれたり、間違っているとか曖昧なところを正確にするとか。

今までのAKB48は個人個人のパワーで成り立っていた部分も大きいんですけど、韓国はみんなで頑張るみたいな、そういうのを教えてくれました。

本田:AKB48は人数が多いので、それぞれが個性を出すのはもちろんですけど、やっぱりまとまりのあるダンスというのは人に感動を与えることができると思うので、韓国で学んできた練習のやり方などをみんなにも共有できたらいいなっていうのを、韓国にいる時から思っていたんです。今回こうして選抜に入れていただいて、それをみんなと一緒にやっていくことができて、すごく良かったなと思っています。

――最近では二人だけでバラエティー番組などに出演していますね。

小栗:確かに冷静に考えたら、昔いたずらとかしていた12歳から入った私たちが、AKB48を代表して、自分たち個人としてバラエティー番組に呼んでいただけるというのは、すごくうれしいですね。

本田:ね。チーム8のメンバー、関東メンバーの二人としてコンビで出ることはあったんですけど、やっぱりAKB48という肩書きを背負って二人で代表として番組に出させていただけるというのが、当時は夢にも思ってなかったですし、今のこの現状にすごく幸せを感じています。

■自分の可能性を確かめ、限界を決めずチャレンジしたい

――では、20歳になってやりたいことを教えてください。

本田:自分の可能性を確かめていきたいなというのは思っていて、やっぱり目の前に挑戦するものがあったら積極的にやったりとか、自分で「いや、これは駄目だ」とか限界を決めないで、何でもチャレンジしていきたいなというのは思います。

あとは、やっぱり海外にも応援してくださっている方がたくさんいるので、韓国語だけじゃなくてもっとたくさんの国の言葉も学べたらいいなって。他の国の言葉を一つでも覚えたら(他の国の言葉も)覚えやすいと聞いたので、英語とか中国語とかもどんどん勉強したいなと思います。

小栗:私はAKB48として今8年目ぐらいですが、アイドルとして学んだことはすごくあって、これからもまだまだアイドルとしてもいろんな姿を見せていきたいし、AKB48としてもっともっと活躍していきたいとは思っています。

それと、個人としても女優さんなど活動の幅を広げて、モデルさんとか、バラエティーとか、よりもっともっとお見せしたことのない自分を…自分も“自分の知らない自分”を見つけていきたいですし、ひぃちゃんが言っていたように限界を決めず何事にも挑戦していきたいなというのはあります。

――本田さんは何か目標としているものはありますか?

本田:私はAKB48のセンターに立ったことがないので、いつかは自分もセンターにふさわしいメンバーになりたいなという思いはあります。今は目の前にあることに集中して、センターに立ってみたいです。

――では、最後にお互いがどんな存在なのか教えてください。

本田:私は有以ちゃんから良い刺激をいつももらっていて、有以ちゃんを見ると本当に自分ももっとちゃんとしなきゃって思います。人への感謝の気持ちだったり、礼儀正しいところとか、パフォーマンスの面ももちろんですけど、そういう当たり前でもなかなかできないことっていうのが、有以ちゃんは教科書のように完璧にできているので、私はいつも有以ちゃんのことを尊敬しているし、良い刺激をもらえている存在です。

小栗:え〜どうしよう(笑)。同じですよ。私もひぃちゃんと一緒に12歳から活動してきて、それこそ“ひぃゆぃ”って二人で言ったりして、関東メンバーでは同い年が二人だけで、一緒に成長してきて、離れちゃって戻ってきたらすごく成長しているし、すごく大人になっているし、内面ももちろん外見も。

学べることがすごくたくさんあって、こちらこそ刺激をもらっているし、学べることがたくさんあるので、お互いそうやって高め合いながら一緒にAKB48も盛り上げていきたいし、個人としてもそれぞれもっともっと大きくなっていけるように頑張りたいなと思います。