2020年にデビューした11人組ボーイズグループ・JO1が、デビュー後初となる有観客ライブ「2021 JO1 LIVE “OPEN THE DOOR”」を11月19日〜21日の3日間開催した。感動に包まれたライブ最終公演の模様をご紹介!

■川尻蓮、佐藤景瑚、白岩瑠姫、豆原一成によるダンスパフォーマンスも!

コロナ禍でデビューしたJO1にとって念願の初有観客ライブ5公演が、11月19日〜21日に千葉・幕張メッセで開催された。

期待と緊張で、静かにザワつく会場。その雰囲気を一変させたのは、オープニングの「Born To Be Wild〜♪」という河野純喜の雄たけびだった。鋭い輝きを放つこの一声で誰もがステージに集中し、JO1とJAM(ファンの呼称)は一つになった。

セットリストは、これまでリリースした作品を詰め込んだ構成。8曲目と、それに続くユニットコーナーは日替わりで、最終公演のユニットは、川尻蓮、佐藤景瑚、白岩瑠姫、豆原一成によるダンスパフォーマンスが披露された。

また、12月15日リリースの5TH SINGLE「WANDERING」から、一人ずつボーカルが移っていくバラード曲「Never Ending Story」、椅子を使ったパフォーマンスが際立つ「僕らの季節」、ポップチューンの「Run & Go」、各人のボーカル力の成長が感じられる「Prologue」の4曲をパフォーマンス。会場中を埋めたペンライトの海の中、花道を歩きながら歌う彼らを見ただけでさまざまな思いがあふれてくる。

■大平祥生「これが終わりじゃない。始まり」

メンバーたちの腕には、おそろいのシルバーのバングルが光っていたが、これは、ツアーのために與那城奨、川尻、河野、木全翔也が手作りしたものだ。また、メンバーの金城碧海は体調不良のため、このツアーに参加することができなかったが、白岩と川西拓実がアンコールで金城のグッズを身に着けていたり、リーダーの與那城がパーカに全員の缶バッジを着けていたりするところにも、11人の絆が感じられた。

アンコールの最後のあいさつで豆原が、「小さい頃家で踊っていたら、お母さんに『それ誰に見せるの?』って言われたことがあった。その頃から夢見てきたステージに立てたのは、ファンの皆さんのおかげ。大切な仲間と一緒に、このステージができて本当にうれしい」と涙を見せると、その話を聞いていた河野が、当の豆原よりも号泣。

「(泣き顔が)おでんくんや!」とメンバーたちにはやしたてられたが、自分のことよりもメンバーのことで感動してしまうのが、JO1らしさだ。鶴房汐恩も「あるアーティストのライブを見に行って『あそこに立ちたい!』と思った」と話し、大平祥生が「これが終わりじゃない。始まり。次は碧海も入れて、もっともっと大きいステージで」と言ったが、彼らの軌跡とこれからが、ラストの曲である「REAL」に詰まっているようだった。

「個性が強い、アホが多い、でもホンマに最高のマジでいいヤツらしかいない11人」(鶴房)がきっと、JAMをもっと高い場所へ連れて行ってくれるはずだ。“This is no dream,so real”。夢は、現実になる――。

取材・文=坂本ゆかり