アイドルグループ・恵比寿マスカッツの連載企画「裏撮(うらどり)!!マスカッツ」。第5回の今回、撮影をお願いしたのは、吉澤友貴(前編)とまいてぃ(後編)。11月の収録時やマハラジャ周年記念イベント現場、12月のライブリハ・当日などに2人が撮影したオフショットとともに、自身の変化や、個人の活動やマスカッツメンバーへの思いなど、今の気持ちをつづってもらった。





2008年にバラエティー番組がきっかけで誕生し、番組の総合演出・マッコイ斎藤とともに時代に合わせて変化と進化を遂げてきたマスカッツは、活動休止期間を経てトータルの活動年数は10年を超え、グラビアアイドル・セクシー女優・モデルからなるメンバーは現在30人体制の大所帯。ABEMA冠番組「恵比寿マスカッツ ハニートラップTV」ではセクシーかつ体を張った企画に挑み、近年の音楽面では再生回数100万回超えの「EBISU ANIMAL ANTHEM」をはじめアッパー系の楽曲を多くリリース、そのほかYouTubeチャンネルなどでも“新たな顔”を発信、奮闘し続ける彼女たち。そんなメンバーの“裏の顔”(=素顔)に迫るため、メンバー同士でオフショットを撮影してもらう本連載企画「裏撮(うらどり)!!マスカッツ」を7月よりスタートした(月1回更新予定)。


■「マスカッツは、“自分の居場所”」(吉澤)
※文=吉澤友貴 構成=編集部

私にとってマスカッツは、“自分の居場所”です。というのも今の私は「何してる人ですか?」って聞かれたら「恵比寿マスカッツです」としか答えられないんですよね。マスカッツに入りたくてAVを始めて、今は撮影もしてなくて、有名になりたいっていう欲もなくて。実は自分の中でセカンドライフを描いていて、マスカッツ以外で表に出る仕事はフェードアウトしていこうって思っています。

辞めたいと思ったことは1回だけあってマスカッツのYouTubeで話したんですけど(笑)、でもマスカッツが大好きだし、楽しいし、今の人生の軸になっているし、続けられて幸せ。もし今後結婚して子供を生んでも、マッコイさんなら「やりたいんだったらやれよ」って言ってくれそうだから、ずーっとマスカッツやってるかも(笑)。10歳上のみっひー(みひろ)がアイドルできてるってことは私でも出来ますよね。

そんなみひろさんのこと、本当に尊敬してます。加入当時も10数曲覚えて、1人急に入ってメンバーともコミュニケーション取ってて…でも意外と相談することってないなあ(笑)。同じ第1世代だった蒼井そらさんとは飲みに行ったり話したりするんですけどね。

そらさんは、おこがましいですが私と似てるなって思うんです。酒飲みで、マスカッツが大好きで、声が汚…ハスキーボイスで(笑)、親近感があって。一緒にいても「なんすかその声」「いやお前もな」っていじり合うんですよ。

■「マスカッツってまだやってるんだ!」でいい?

今後のマスカッツは、いつまでも続いてる存在でいてほしいです。「マスカッツってまだやってるんだ!」みたいな、それで「あの時代見てたわー」とか話のネタになるような。セクシーな子たちが体張って面白いことをやるのは変わらず、男性にもそして女性にも憧れられる…憧れのお姉さん、なグループになれたらステキですね。

加入当初は20代前半、がむしゃらに頑張ろうって感じでしたけど、今は後輩メンバーをもっと育てたい気持ちが出てきました。来年からもっとバラエティーをやるって先日マッコイさんが言ってたので、今のマスカッツでどんな色が出せるのか楽しみだなあ。

新メンバーの子たち、めちゃくちゃ優秀で頑張り屋さんなんですよ。入ってから活動する期間が無かった分パワーが有り余ってるのか、ライブの時もリハから出来てて、感心したと同時に焦りも感じるくらい。でも心強かった!
あとはバラエティーですよね、自分が何か発した時、周りが乗っかってくれたり突っかかってくれたりする信頼関係があるからバラエティーって成立すると思うんです。私はいろんなメンバーと会話したりSNSで観察したりしてて、その子のエピソードを聞かれたらいくつか話せるネタを持っていて。だから話を振ったら返してくれると思われてる。だから自分のネタも、同期以外のメンバーのネタも持ってたり、フォローしてもらいやすい関係を築いておいたりすると、発言するのも怖くなくなるかも。

あと最近注目してるメンバーは、なつ葵ちゃん、番組でMCやってた時に思ったのが、緊張せずに自分のペースつかめたら無敵だなって。それと、まいてぃは天然すぎて勘違いされやすいと思うんですけど、マスカッツの中で自分のカラーが上手く出せたらもっと面白くなるはず!

主要メンバーが一気に抜けて立て直さなきゃって時からリーダーに近いポジションにずっといて頼ったり慕ってくれるのもうれしいので、応えたいなと思っていますが、本当は甘えたい性格もあるんですよ?でも私がちゃんとしてなきゃいけない環境が小さい頃からあったので、人に甘えることが上手く出来なくて。プライベートでも付き合った相手から甘えられる方が多いし、自分も上手く甘えられないから、甘やかしてくれる人と出会いたいですね。

■「健康でいることが一番大事」な私生活

でも私、恋愛するとめちゃくちゃ恋愛モードになっちゃうんです。占い師で芸人のLove Me Doさんに占ってもらったら、「周りの環境を変えないと恋愛観も変わらない」って言われて。彼氏だけしか見えなくなって尽くし過ぎたり甘やかしすぎて相手をダメにしてしまうこともあるんです。でももうそういう恋愛もしたくないし、まずは自分の中で作った目標を達成できるように、やりたいことを頑張っていこうと思っています!

今年は体調を崩したこともあって、健康でいることが一番大事だなって身にしみました…。元々ですが甘い物を食べない、ジャンクフードも食べない、基本的に自炊する、ジムに通うとか、より気を使うように。飲み物はずっとお水…かお酒ですけど(笑)。鏡で全裸になって見て「この辺変わった気がする」って見た目重視でチェックしてます。
お金の使い方も変わりました。前はほぼ毎日飲みに行って飲み代やタクシー代に使っていたのを、食材や入浴剤に掛けたりするように。入浴剤のオススメは、クナイプの青いやつ(グーテナハト バスソルト)…よく眠れるって聞いて試してみたら本当によく眠れました!

そして「やりたいこと」というのは、来年の秋頃に資格を取るべく勉強中なんです。元々勉強は全然…でも、少し前に車の運転免許を取るために勉強したらやればやった分だけ身につくのを実感して、挑戦しようって思えました。学生時代は授業中ずっと寝てたし、眠いと頭に入ってこないけど、充実したお家生活や睡眠で勉強がはかどるようになると良いなあ!



■撮影後記
「ファンクラブ用の撮影現場ではいっちーと桃ちゃんと私の3人で。共通点何かなって話したら、初期メンバーと…それだけでした(笑)。スタッフさんからは大人しめメンバーって言われたけど、桃ちゃんからは『ゆきちゃん絶対違うじゃん』っていじられました。カメラ向けたらみんな何かしてくれて助かりました」(吉澤友貴)