JO1の大平祥生、川尻蓮、川西拓実、木全翔也、河野純喜、佐藤景瑚、白岩瑠姫、鶴房汐恩、豆原一成、與那城奨が1月5日、都内にて開催された「YSL BEAUTY 新作リップ発売&JO1ジャパン アンバサダー就任会見」に出席。同グループが、イヴ・サンローラン・ボーテのブランドアンバサダーに就任したと発表され、メンバーたちがメークをした姿で登場した。

JO1はこれまで、イヴ・サンローランのビューティラインであるイヴ・サンローラン・ボーテのオフィシャルビューティパートナーとして活躍。この日はJO1が、2022年から正式にブランドアンバサダーに就任したことが発表された。

MCの呼びかけに、メークをした姿で登場したメンバーたち。大平は「新作のリップのツヤ感を出すために、ほかのアイシャドウとかはあまり主張はせず、リップに注目していただけるようにメークしていただきました」とアピールした。

紹介された新作リップ「ルージュ ヴォリュプテ キャンディグレーズ」の感想を聞かれた川西は「付け心地が本当にびっくりするぐらい良くて、もう何回も塗りたくなるくらい。さっきも何回も塗らせていただいたんですけど、気持ち良かったです」と恍惚の表情。「とろけていくのが唇で実感できるのが、すごく良いなあというふうに思います」と絶賛した。

この日のイベントでは、メンバーそれぞれが新年の抱負を表現した書き初めを披露。大きなハートマークを記した佐藤は「僕は『愛』です。より美容を愛そうと思う気持ち。いっぱいいろんな方に愛を届けていきたいと思います」と宣言した。

「感謝」と大きく書いた與那城は「こうやって僕たちがアンバサダーとして一緒にお仕事させていただくことに日々感謝。今年も感謝の気持ちを忘れずに頑張っていきたいと思います」とコメント。

木全は字ではなく自身の手形を残した紙を掲げると「フィーリングなんです。いろんな意味が込められている」と説明した。

さらに「僕、字が下手なんですよ。字が下手なので、もう手をこうバンとやらせていただきました」と続け、メンバーから「手ちっちゃ」「犬の足跡かと思った」といじられると「そんなちっちゃないよ」と反論していた。

「寅」と書いた河野は「今年、寅年ということで僕、年男なんですよ」と告白。さらに「男としてかっこよく、少しクールな河野純喜を見せていきたいなと思います。がおー」と小さく吠えた。