ドラマや映画の撮影期間に突然訪れる休日、通称“撮休”を、人気俳優たちはどう過ごすのか。多忙な日々を送る人気俳優の撮休を、気鋭の監督・脚本家たちが妄想を膨らませて描いた「WOWOWオリジナルドラマ 神木隆之介の撮休」が、1月7日(金)夜11:00よりWOWOWプライムで放送スタートする。(各話放送終了後、WOWOWオンデマンドにてアーカイブ配信<全8話>)

各クリエイターが妄想を膨らませ描いた8つのパラレルストーリーで本人役を演じる主演の神木隆之介に、インタビューを実施。作品への思いや、共演者とのエピソードなどを語ってもらった。

―――最初に台本を読まれた時の印象はいかがでしたか。

神木:各話でストーリーがまったく異なっていておもしろかったです。連続ドラマは同じテーマに対して物語が10話続きますが、今回は1話30分という時間の中で、各話によって異なる起承転結の物語があることがおもしろいなと。あとは、脚本家の方々から見て「僕ってこんなイメージなんだ」と楽しみながら読んでいました(笑)

―――実際の神木さんとはギャップがありましたか?

神木:基本はふざけない、真面目な人間だと思われているんだなと(笑)。でも、僕は隙あらばすぐふざけます(笑)。第7話「友人の彼女」で、井之脇海くん演じる親友と思い出を語っているシーンが一番「僕っぽいな」と思いましたが、それ以外はまともなことを言っているキャラクターだなという印象でした。

―――普段とは違う神木隆之介を演じるのはやはり難しかったですか?

神木:僕は本人役なのに、共演者の方々は本人役ではないという設定の中で演じるのは難しかったです。特に第3話「捨てる神あれば」での矢本悠馬くんとのシーンは、普段から親しくしていることもあって、僕が矢本くんのことを「おい矢本〜」と言えないことが心苦しかったです(笑)。その点以外は、普段自分が話しているようにセリフを言うことができました。現場でも監督に尋ねて言い方を変えてみたり、わがままを言ってなるべく話しやすい言い回しに調整したり、本人役ならではですね。

―――演じるというよりは、“本人でいる”ということの方が近かったのでしょうか?

神木:そうですね。キャラクターを作らずに、自然にいるようにしていました。もしも自分がこの役の状況に置かれたらこういう行動を取るだろうな、ということを少し足したりしながら、 “自分に見える”よう努めました。

―――撮影を通して色々な“撮休”を経験されたと思うのですが、一番羨ましいなと思った撮休は第何話でしたか?

神木:第1話の「はい、カット!」ですね。現実と虚構が入り混じっていて、「はい、カット!」の声ですべてがリセットされる何でもありな世界なので、たとえば僕が「吉沢亮だけど」と言ったら、周りの人たちは僕を吉沢亮として接してくれますから(笑)“吉沢亮”役もできる点で「はい、カット!」かな。

―――吉沢亮さんになってみたいと思われることもあるんですか?

神木:そりゃあなりたいですよ(笑)。だって歩く彫刻ですよ。最近はいつも吉沢が写っている看板を街中で見て「吉沢、元気かなあ」って思っています。

―――共演者の方々は過去に共演された方や同世代の方が多いですが、撮影現場はいかがでしたか?

神木:僕の友人たちが出演してくれたので撮影は本当に楽しかったです。第8話「遠くにいる友人」の(仲野)太賀くんとの撮影はドラマ「コントが始まる」後で、今回は距離感のある役どころだったので、最初は恥ずかしかったですけど(笑)。2人だけの芝居も多かったので新鮮でもあり、やっぱり(仲野)太賀くんはすごいなと思いました。演技が上手いとか、そういった言葉では言い表せられないくらい、本当に惹きつけられる演技をするなと。信頼関係のある役を実際に信頼関係がしっかりでき上がった上で演じられたので、すごくやりやすかったです。

―――久しぶりに共演される方も多くいらっしゃいますね。

神木:高校の先輩だった(成海)璃子ちゃんも中学の後輩の井之脇海くんも、(藤原)季節くんも(北村)有起哉さんも松重(豊)さんも、ほかにも過去に共演した作品ぶりにお会いする方々ばかりだったので、再会できてすごく嬉しかったです。ゆかりのある方々に出演いただけたのは、タイトルに自分の名前が入っている特権ですね(笑)

―――第1話「はい、カット!」の安達祐実さん、第5話「優しい人」の木竜麻生さんは初共演でしたね。

神木:安達さんは、オーラがすごかったです。初めは、初対面で不安もあったんですけど、すごく優しい方で。お芝居でもとても惹きつけられました。木竜さんとは長く付き合っている彼女の設定だったので、早く打ち解けられるように僕から積極的に話しかけましたね(笑)

―――今回の作品は撮休がテーマになっていますが、神木さんの実際の“撮休”エピソードがあれば教えてください。

神木:最近の休日は、舞台「パ・ラパパンパン」の大阪公演中だったので、南海電鉄と大阪環状線を見に行って、帰りに1人焼肉へ行った後、アニメショップに行って帰りました(笑)。東京での休みの日は、午後に起きて、お風呂にお湯を溜めている間にゲームをして、お風呂に入った後もゴロゴロして。実際の休日はこのドラマほど充実していないです(笑)

―――今回の作品では5人の監督が神木さんの架空の撮休を描かれましたが、神木さんが監督として撮休を撮ってみたい方はいらっしゃいますか?

神木:高校の同級生でもある、山田涼介くんの撮休ですね。山ちゃんが、街中でもどこでも自分の曲がかかると踊っちゃうっていう役柄で、最後はHey! Say! JUMPの曲を街の人みんなで踊って終わるっていう。ほかだとサバゲ―とかに行ってもらうのもいいですね。

―――2022年、「神木隆之介の撮休」からスタートになりますが今年の目標はございますか?

神木:目標ではないかもしれませんが、菅田(将暉)くんと(仲野)太賀くんに褒められる役者になりたいです。同世代の仲間に「いいじゃん」って言ってもらえるお芝居ができたらいいなと思います。

―――最後に視聴者の方に向けてメッセージをお願いします。

神木:各話で脚本家と監督が違い、また同じ監督でも違う作風に仕上がっているので、第1話から第8話まで異なる物語を楽しめる作品になっています。実際に仲良くしている俳優の方々にも出演していただいて、僕は本人役ですが、共演者の方々は本人役ではないので、不思議な感覚も味わえるのかなと。特に僕のマネージャー役を演じる池田鉄洋さんには人生で一番の怪演をしていただいたので、その点にも注目していただきたいです(笑)