「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」の元練習生8人が、新グループ“OCTPATH”を結成。11月28日に行われた結成記念生配信番組&囲み取材の模様をご紹介!

■8人の個性あふれる自己紹介も!

「PRODUCE101 JAPAN SEASON2」出身の8人組グループOCTPATHがGYAO!にて結成記念生配信を行い、2月のメジャーデビューを発表した。

「You are my path!OCTPATHです!」とあいさつし、各自が初めての自己紹介。栗田航兵は、「どんぐりころころ」の歌に乗せて笑いを取り、ラップ担当の海帆はビートボックスを、そして冬馬は「本番15分前に、手汗をかきながら作った」という自作曲を披露するなどオープニングから個性が爆発した。

グループ名のOCTPATHは、「8人(OCT)ならではの道(PATH)をファンと共に歩み、固定観念にとらわれない変幻自在な活動をし、常に上の音域・領域(OCTAVE)への道(PATH)を追求していく」という意があると古瀬直輝が説明。

彼らの誕生を知らせたティザー映像は、「花の色がメンバーカラーになっている」(四谷真佑)という秘話も飛び出し、小堀=水色、太田=紺色、四谷=黄緑、高橋=ピンク、古瀬=赤、栗田=オレンジ、海帆=黒、冬馬=白になったことを報告。

■古瀬直輝「これからは僕たちが、皆さんを支えます」

「リーダーは誰?」という質問に全員が挙手したが、「一人一人が活躍するようにという願いから、全員がリーダーだ」(小堀柊)ということも明かされた。そのほか、セルフィーによる1分PR、シンクロクイズなどの楽しい企画も。

そして最後に、2月9日(水)のメジャーデビューや、四谷と小堀の誕生日でもある2月11日(金)に初ファンミーティングを開催することなどが発表された。

場が盛り上がったところを「ちょっと待ったー!」と高橋わたるが遮ると、「メンバー全員で手紙を書きました」と切り出し、古瀬が「オーディションで、自分のためだけでなく、支えてくださる人たちの力を知ることができました。目的を失い自問自答をする日々もありましたが、ファンの皆さんの優しさに触れ、新たな希望を見いだせました。これからは僕たちが、皆さんを支えます。この8人といつも支えてくださる皆さんとならどんなに高い壁も、どんなにきつい試練も乗り越えられると思っています。その姿を見守っていただきたいです」と代表して結成の決意を伝えた。

■冬馬「世界の人々に希望と夢を与えられる存在になりたい」

生配信終了後には、マスコミの囲み取材に応じ、各人がキャッチコピー「マイナスイオン」(四谷)、「末っ子」(小堀)、「カリスマ彫刻」(高橋)、「お母さん」(古瀬)、「愛嬌、ビジュアル」(栗田)、「ロボット」(海帆)、「音楽」(冬馬)を交えて自己紹介する中、太田駿静は「(キャッチコピーが)まだありません」と発言し、笑いをさらった。

その太田が「すごく楽しかったし、最後の古瀬さんの手紙にじーんときました。この8人で良かったし、この8人でしかできないことをやっていきたい」、四谷が「生配信の緊張感がありましたが、より一層プロのアーティストとして頑張っていかなきゃと受け止めました」と番組の感想を語ると、最後に冬馬が、「まずは日本中に愛と希望を届け、最終的には固定観念にとらわれず多様性を尊重して、世界の人々に希望と夢を与えられる存在になりたい。すてきな7人と歩む将来、そして、2月にファンの方々に直接気持ちを伝えられることがとても楽しみです。これから僕たち8人の応援をよろしくお願いします!」と力強く締めくくった。

取材・文=坂本ゆかり