1月7日、東京・新国立劇場にて舞台「六番目の小夜子」ゲネプロ・囲み取材会が行われ、取材会に鈴木絢音(乃木坂46)、尾碕真花、高橋健介が登壇。役作りや2022年の抱負などを語った。

同作は、恩田陸の同名小説を原作に初の舞台化。“Jホラーの父”と呼ばれる鶴田法男が総監督、小林雄次が脚本、井上テテが演出を務める。

■高橋健介、鈴木絢音は「めちゃくちゃ変な子です」

取材会に登場した鈴木は「千秋楽まで元気に走り抜けられるように頑張ります!」と笑顔を見せた。

ミステリアスな転校生・沙世子を演じた鈴木は、役作りについて「(普段は)ずっと動いている人間なので、ミステリアスさを出すために動きを制限するのが自分の中で苦労したところです」と明かし、総監督の鶴田から「せりふの言い方は、普段やっているのとは違う感じで教えてもらいました」と助言をもらったことを告白。「それが怖さに繋がっていたらいいなと思っています」と話した。

そんな主演の鈴木の印象を、高橋は「めちゃくちゃ変な子です」とぴしゃり。「『毎日半身浴を2時間半している』と話していて、さすがトップアイドルだなと思っていたんですけど、翌日『昨日も2時間半したの?』と聞いたら『いや、昨日は30分でした』と。すげえ嘘つくじゃんって(笑)。でも真ん中としてみんなを引っ張ってくれる特別な存在感のある方だと思います」と語った。

続く尾碕からは「勝手にクールだと思っていたんですけど、稽古中にみんながひとしきり笑ったあと、別なところですごい笑っていることがあって。すごいゲラです。私もゲラ気味なので、似てるなと思いました」と言われた鈴木は、ニコニコしながら二人の話に耳を傾けていた。

■鈴木絢音、自分が“サヨコ”に選ばれたら「1年間ニヤニヤし続けていると思います」

同作では、「サヨコ」に選ばれた生徒は、3つの約束を遂行しなければならないとされている。それにちなみ、実際に自分が選ばれたらどうするかという質問が投げかけられた。

「最初の“花を生ける”くらいはやるかな。(おしゃべりな)性格的に、“誰にもバレずに1年間”を守れるかどうかあたりから怪しくなってきますね…」と回答した高橋に対し、尾碕は「私は花を生けすらしないですね。重責を追いたくないので小夜子じゃないことにして、誰かになすりつけたい」とコメント。

鈴木は「しっかりやると思いますけど、1年間ニヤニヤし続けていると思います」と答え、三者三様の反応を見せた。

■2022年の抱負は「のんびり生きていけたら」

さらに、2022年の抱負を問われた一同。鈴木が「のんびりと生きていけたらいいなと思います」とマイペースさを発揮すると、高橋は思わず「めずらしい抱負だね」とツッコミ。

尾碕は「気取らず、気負わず、気楽に。3つの“気”を大事に、自分らしく過ごせたらなと思っています」と宣言した。

対する高橋は「若い後輩がいっぱい出来て追い抜かれるか心配なので、とにかく生き急いでやっていけたら」と言い、会場の笑いを誘っていた。

最後に鈴木が「2022年の観劇初めになる方もいるんじゃないかと思うので、気合いを入れて頑張っていきたいなと思います。劇場に来られない方はぜひ配信で見ていただけたら」とコメントし、取材会を締めくくった。

■舞台「六番目の小夜子」あらすじ

高校3年生の演劇部、雅子(尾碕真花)が通う学校には「サヨコ伝説」という不思議な言い伝えがあった。3年に一度、生徒の中から選ばれる「サヨコ」は、3つの約束(始業式に赤い花を生ける・文化祭で「サヨコ」の舞台を上演する・次の「サヨコ」を指名する)を果たす。他の誰にも「サヨコ」であることを知られずに遂行すれば、その年は進学率の向上など、幸運が訪れる。

その六番目の年。 始業式の朝、演劇部の部室に赤い花が生けられていた。そこに津村“沙世子”(鈴木絢音)という謎めいた転校生が現れる。彼女は演劇部への入部を希望し、不思議な空気を残して去って行く。演劇部が文化祭の準備を進める中、部長である雅子は「サヨコ」の舞台を上演することに反対する。だが、演劇部の周囲で次々と不可解な現象が起きていく。

舞台「六番目の小夜子」は、1月7日から16日(日)まで、東京・新国立劇場 小劇場にて上演される。さらに、1月9日(日)の夜6時公演はRakuten TVにて独占ライブ配信も予定されている。