Hey! Say! JUMP・山田涼介、土屋太鳳、濱田岳、オダギリジョー、西田敏行、三木聡監督が、1月9日都内で行われた映画「大怪獣のあとしまつ」(2月4日[金]公開)のウルトラプレミアイベントに登場した。本作は、人類を恐怖に陥れた大怪獣が“死んだ後”の世界を描く空想特撮エンターテイメント。山田演じる特務隊員のアラタらが、大怪獣の死体処理に挑む。

劇中に登場する大怪獣の死体は、全長380m・全高155mと邦画史上最大級。もし実際に現れたらどう後始末するかを聞かれ、山田は「日本全国から人を集めて、焼肉にしたい。みんなで『この部位おいしいね』とか話しながら食べたいですね。おいしかったらですけど(笑)」と話した。

司会の青木源太アナウンサーから「映画では大怪獣の上に乗るシーンもあるが、Hey! Say! JUMPで歌って踊るのはどうでしょうか?」と提案されると、「派手ですよね。でも足元が不安定なので、踊るのは厳しいかな…」と困り顔になりつつ、現実的な回答をした。

そして、西田も「せっかくの怪獣なので、みんなでおいしくいただきたい」と、用意したイラストで丁寧に怪獣の部位を説明。「ここがサーロイン、ここがモモで。背中のトゲトゲの軟骨は、柔らかく煮込んでいただきたい。楽しみです」と言い、山田と同じ答えとなったことに触れ、「やっぱり顔が似てると、発想も似てくるね」とにっこり。

山田は撮影を振り返り、「コロナの影響もあり、(撮影開始から)公開まで約2年かかりました。皆様にお届けできることを心から嬉しく思っています。ラストは誰もが驚くと思います。結末は誰にも言わないでくださいね」と呼びかけた。また土屋は、「特撮のエンターテインメントのパワーをぜひ楽しんでください」と笑顔でアピールした。