1月16日(日)にスタートする、阿部寛主演の日曜劇場「DCU」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系※第一話は25分拡大)の3か国同時リモート試写会&制作発表会見が行われ、阿部をはじめ、横浜流星、中村アン、山崎育三郎、趣里、高橋光臣、岡崎体育、有輝、市川実日子が、撮影で着用した役衣装で登壇した。

同ドラマは、水中の捜査に特化した海上保安庁の架空組織「DCU(Deep Crime Unit)」が、水にまつわる事件・事故とそこに隠された謎に迫るウォーターミステリー。阿部は、「DCU」の隊長・新名正義を演じる。

TBSがハリウッドでも活躍するケシェット・インターナショナル社およびファセット4メディア社と共同制作するオリジナル作品ということで、会場の丸ビルホールと、アメリカ・ロサンゼルス、カナダ・モントリオールをリモートで繋ぎ、第一話の試写と舞台挨拶が3か国で同時中継された。

この日、初めて第一話を見たというキャスト陣。阿部は、「まだ興奮冷めやらぬ中、素晴らしい努力が報われた作品になったと思っています」と手ごたえを感じた様子。また、警視庁公安一課の刑事・清水健治を演じる山崎も、「連ドラだってことを忘れるぐらいのスケール感で本当に感動しました。続きが見たくなります」とコメントした。

科学捜査ラボの班長・黒江真子を演じる市川は、「第一話を初めて見て、頭も胸もいっぱいなんですが、心に残ったことは(山崎)育三郎さんが抜群に可愛かったこと(笑)」と発言。突然名前が出たことに驚いた山崎は、「なんてことをいきなり(笑)」と慌てながらも恥ずかしそうに笑った。


■山崎育三郎の怪演ぶりに、中村アン「目を合わせたら危険」

司会者から、撮影エピソードを聞かれた山崎は、「僕がお芝居してると、みんながクスクスクスクス笑うので集中できないんです」とコメント。

そんな山崎に高橋は、「逆ですよ。清水という役に慣れるまでに相当時間がかかりまして。芝居をしながらこみ上げるものがあって、ずっと見てられないので初めは苦労しました(笑)」と苦笑。

阿部も、「正直最初は大変でしたよ。撮影冒頭で清水とのシーンがあったんですが、『この作品はこんな感じなのか』と思った(笑)」とニヤリ。さらに、中村も「もう目を合わせたら危険なので胸のあたりを見ています…」と裏話を披露した。

すると山崎は、「こちらは一生懸命やっているだけなんですけども(笑)。自分は真剣にやっています」と穏やかな口調で返答。また、「僕はDCUのメンバーではないんですが、クネクネしながらDCUを追いかけまわしたいなと思います」とアピールした。

最後に阿部は「スタッフ、キャスト皆、体力の限界じゃないかっていうような撮影をやっています。海上保安庁の協力もあって最高の環境でやらせていただいてます。多くの国が参加して、1つの作品に挑んでいるわけですけど、各国が力を合わせて良い作品にしたいというこういう環境を大事にしたいと思っています。これからも全力で頑張っていきますので、ぜひ作品を見ていただければと思います!」と締めくくった。