AKB48の2022年度新成人である下口ひなな、安田叶、山邊歩夢、石綿星南、蔵本美結、山内瑞葵、上見天乃、小栗有以、下尾みう、高橋彩香、濱咲友菜、本田仁美が1月10日、東京・千代田区の神田明神にて開催された「AKB48 2022年新成人メンバー 成人式記念撮影会」に出席。艶やかな振り袖姿をお披露目した。

祈祷を終えた12人のメンバーたちは、やや緊張ぎみの面持ちで報道陣の前に登場。無数のフラッシュに袖を広げてみせたり背中の帯を見せたりと、色とりどりの振袖姿を各自が披露していた。

山内は「今回の振袖は王道の赤を選びました!」とにっこり。振り袖にベレー帽を合わせたコーディネートについては「AKB48ならではの成人式にしたいなと思ったので『失恋、ありがとう』で印象づいたベレー帽を今回はポイントにしました」と解説した。

また、オフホワイトの振り袖を着こなした本田は「大人になってやってみたいこと」を尋ねられ、「一人でカウンターのお寿司屋さんに行くのが夢だったので、挑戦してみたい」と告白。

同じ質問に赤い振り袖姿の小栗は「私もまったく同じことを考えていたので、一緒に行こう! “ひぃゆぃ”で一緒に行きたいです」と答え、「ちょっと大人な雰囲気の、リッチなお高めなお店に二人で行ってみたいです」と本田とほほえみあった。

恒例の質問である「自分たち成人メンバーは何世代か」というお題には、小栗が代表して「今年は寅年ということで、“トラ(寅)イ世代”です!」と元気よく回答。「寅のように強い心を持って、私たち“トライ世代”が先陣を切っていろんなことに挑戦し、AKB48を引っ張っていきたいと思っています」と意気込みを語った。

すると、豪華な顔ぶれに報道陣から「“黄金世代”と言ってもいいのでは?」と声が上がり、会話の流れで“黄金世代”と“トライ世代”を掛け合わせた“黄金のトライ世代”という名称が誕生すると、メンバーたちも納得の表情。

顔を見合わせた上で「改めまして、私たちの世代は“黄金のトライ世代”です!」と言い直して笑いを誘っていた。

※高橋彩香の高は「はしご高」、濱咲友菜の濱は旧字体が正式表記

◆取材・文=山田健史