女優の米倉涼子が1月10日、都内で開催されたNetflixシリーズ「新聞記者」ワールドプレミアイベントに、綾野剛、横浜流星、藤井道人監督と共に出席。米倉が、藤井監督の粘り強い撮影スタイルに「つらい時もありました」と打ち明ける一幕があった。

Netflixシリーズ「新聞記者」は、2019年6月に劇場公開された映画「新聞記者」を、全6話のドラマとしてキャストを一新、新たな物語として制作。“新聞業界の異端児”と呼ばれる主人公の東都新聞社会部記者・松田杏奈を米倉が演じる。

米倉は「ドラマにしてはちょっと上等すぎるんじゃないの、というドラマになっています」と出来栄えに自信。一方で、「藤井監督とお会いするのが初めてだったのでどんな撮影スタイルなのか全く分からないまま飛び込んでいって、本当にドキドキしながら(撮影に臨んだ)」と不安もあったことを告白した。

「粘り強さでいったら横に出る者がいない藤井監督。つらい時もありました」とも打ち明け、元気でパワフルなパブリックイメージとは離れた役柄に「我慢した部分も多かったですね」と本音を吐露。反面、「そんな監督に出会えて、本当にラッキーだった」「すごくいい経験をさせていただいた」と、今作への出演が刺激になっていたことも口にしていた。

Netflixシリーズ「新聞記者」は、1月13日(木)、Netflixにて全世界同時独占配信。

取材・文=山田健史