鈴木伸之と犬飼貴丈が出演するドラマ「ケイ×ヤク−あぶない相棒−」(毎週木曜夜11:59-0:54、日本テレビ系)が、1月13日(木)にスタートする。

原作は、WEB連載にて1000万PVを突破した、薫原好江による同名漫画「ケイ×ヤクーあぶない相棒ー」(講談社「Palcy」連載中)。鈴木演じる堅物な公安捜査官と、犬飼演じるミステリアスなヤクザがバディを結成し、闇に葬られた事件を追ううちに巨大な陰謀へ巻き込まれていく、という“あぶないサスペンス”。

2人をとりまくキャストとして、チュートリアル・徳井義実、EXILE・松本利夫、栗山千明、板尾創路らが出演する。

■「ケイ×ヤク−あぶない相棒−」第1話あらすじ

警視庁公安部に所属する捜査官・国下一狼(鈴木伸之)は、先輩捜査官・央莉音(栗山千明)から尾行などの手ほどきを受けながら職務にいそしんでいた。そんな中、一狼は公安部長の田口(徳井義実)から、指定暴力団「峰上組」の若頭・英獅郎(犬飼貴丈)の監視を命じられる。

獅郎は異例のスピード出世で若頭に就任した後、政財界をはじめとした各界の大物と関係を築いて強い影響力を持つようになっていた。「なぜ公安警察がヤクザをマークしなければならないのか」と一狼は疑問を抱くが、田口は何も答えない。

獅郎の行動を追っていた一狼は、傷だらけになった瀕死(ひんし)の男性・白石を発見する。意識を取り戻した白石に話を聞くと、獅郎が経営する会員制サロンで闇の“ファイトクラブ”が行われているという。ファイトクラブの参加者は、借金を抱えた元格闘家やけんか自慢の男性たち。相手選手に勝ったら、1000万円の賞金がもらえる。白石はファイトクラブの参加者で、世界チャンピオンにもなった元キックボクサー・佐々木と戦って負けたのだった。

一狼は、ファイトクラブの参加者になりすましてサロンに潜入。サロン内を探っていた一狼は獅郎との接触に成功するが、身元を偽っていることを見破られる。問い詰められた一狼だったが白状はしない。すると、獅郎は「ゲームをしよう」と切り出す。一狼が試合に勝てば、何も聞かずに解放する。しかし、負けたらどんな手段を使ってでも口を割らせる。そんな“賭け”を一方的に決める獅郎。一狼は、白石を打ちのめした佐々木と対戦する。