昨今、アニメや吹き替えといった場所以外でも声優の活躍を目の当たりにする機会は多い。その筆頭が下野紘だろう。これまでも多くの人気作でキャラクターに命を吹き込んできた下野だが、キャストに名を連ねるアニメ「鬼滅の刃」や「進撃の巨人」の大ヒットも相まって、「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)や「VS魂」(フジテレビ系)といった人気バラエティーにも多く出演。番組やCMのナレーションでもその声を耳にする機会が激増した。そんな下野が、原点のアニメで新境地を開く「殺し愛」が放送中(毎週水曜深夜0:00-ほか、TOKYO MXほか)だ。演じるのは、ヒロイン・シャトーに執着する正体不明の殺し屋、ソン・リャンハ。難役に挑戦する下野にアフレコの裏側を直撃するとともに、「慌ただしかった」という2021年を振り返ってもらった。

■強いキャラクターは戦闘シーンでもあまり声を出さない

――下野さんは「殺し愛」という作品の面白さをどこに感じましたか?

下野:リャンハとシャトー、男女2人が殺し合いをしている中でリャンハが唐突にナンパを仕掛け、2人の交流が始まっていくという展開も変わっていますし、その後の関係性も変わっていますよね。冒頭だけ見て「ラブコメなのかな」と思っていたのですが、そういう作品でもなく。まさに“ラブサスペンス”といった内容になっています。2人の今後も謎めいていますし、2人を取り巻く環境も謎めいていますし、とにかく謎が多過ぎる(笑)。あちこちに散らばった謎が、最終的にどこへ向かっていくのか…というところも見どころだと思います。

――監督が「モノローグがなく、セリフが少ない作品」というコメントを出されていましたが、声優さんにとっては難しい作品ですね。

下野:大変です(笑)。大変ですが、やりがいのある作品です。“さじ加減”という言葉がぴったりですね。出し過ぎてもいけないし、出さな過ぎてもいけない。ちょうどいい塩梅を演じていかなきゃいけないんですね。リャンハは凄腕の殺し屋なのですが、強いキャラクターって戦闘シーンではあまり声を出さないんです。「ウッ」「ハッ」といった息遣いも基本的には出さない。僕はどちらかというと戦闘シーンでどんどん息を入れていくキャラクターを演じさせていただくことが多く、クセで「フッ」とか言いそうになるところを我慢しなければならなくて。「ここはダメージを受けているよね? でもどれくらいの強さで入れるべき?」と、さじ加減を画面からくみ取らなければならない難しさがあります。

■「殺し愛」は“引き算”の作品「クール過ぎてアドリブが入れられない」

――演技のプランはあらかじめ準備してから収録に臨まれるのですか?

下野:前もって準備していきます。ですが、いざ現場で掛け合っていく中で、「これはいらないな」となることも多くて。引き算の方が多い作品です。

――下野さんにとってもチャレンングなキャラクターなのですね。

下野:アクションシーンに限らず、リャンハとシャトーは基本的にクールなので、アドリブを全然入れられないんです(笑)。「ちょっと声出したいけど、このシーンはいらないよなぁ」ということが本当に多いです。「今何かを気にしたな」「ここに注目しているんだな」というのを、ほとんど表情だけで表現しているので。そう考えると実写のドラマと似ている部分があるなと思います。「このセリフを言っているときは少し笑っている、怒りが入っている」というのを、本当に微妙に入れていく難しさがあって。それをどこまで表現しきれているのか、僕も完成した作品が楽しみです。

――収録現場はいかがですか?

下野:収録ではスタジオが分かれていることも多く、今回はほぼほぼ大西(沙織)と2人です。もうね、ギャップがすごい(笑)。アフレコ中もずっとシーンとしているのですが、僕も大西もおしゃべりな方なので、確認に入った瞬間、2人ともブワーッとしゃべり出すんです(笑)。作中との会話の温度差がすごいですね。何かを取り返すがごとくしゃべっています(笑)。

■2021年は「慌ただしい1年」ナレーションの難しさを実感

――2021年はアニメに限らず、バラエティーなどでも多く活躍されていました。一年を振り返っていかがでしたか?

下野:一言で言えば、慌ただしい1年でした。ありがたいことに、2021年はいろいろなお仕事をやらせていただきました。特にナレーションのお仕事が本当に増えて。もともと「アニメと吹き替えでは発声の仕方が違うんだな」と感じていたのですが、ナレーションはその2つとも違う間や呼吸が必要だなと感じました。重視していることもそれぞれ違いますし。自分の中に“ナレーション”のイメージはありましたが、実際にやってみて、イメージとの違いを実感しました。

――具体的にどういう違いを感じましたか?

下野:ナレーションでも感情を入れなければならないのですが、入れ過ぎると情報過多になってしまうんですね。それと、何より重要なのは言葉の一つ一つをハッキリとしゃべること。“伝えたいワードは何か”をきちんと考えた上で、弾けるのかそれとも抑えるのか…ナレーションの種類によって雰囲気を変えていく必要があり、アニメと似ているようで似ていないというか…。改めて、アニメと吹き替えとナレーション、それぞれやり方が違いますし、長年やられている方には長年で培われたテクニックがあるんだなと。それをものすごく実感しました。

――声優・下野紘としての引き出しは増えましたか?

下野:増えたつもりでいましたけど、「もっともっと勉強しなきゃダメだな」と思った1年でもありました。吹き替えなら“どうしたらこの人物に寄せられるかな”とか、ナレーションなら“どうしたらもっと情報がスッと届くようにしゃべれるかな”とか、そういうことをものすごく考えました。さらにバラエティー番組に出演するとなると、自分の姿も出るというプラスの情報ありきになりますし。

■40歳手前から、苦手なことに挑戦したい気持ちが芽生えた

――バラエティーの難しさはどういったところに感じましたか?

下野:“今、自分がどう見えているのかな”とか、そういったところを考えないといけないのが難しかったです。2021年は本当にいろいろなところに出させていただいて、かつそれらで学ぶべきものも大きくて。学んだものをどう自分の中で消化していくか…というのも含めて、とにかく慌ただしかったです(笑)。本当にあっという間でした。

――それでは最後に、2022年の抱負やチャレンジしたいことを教えてください!

下野:富士山にずっと登りたいと思っているんです。そしてロケにも行きたいです。きれいな景色を見つつ、できれば温泉に浸かっておいしいものを食べたいですが、贅沢は言いません(笑)。ベストなのは富士登山ロケですね!

――富士登山したいと思うきっかけは何かあったのですか?

下野:「登ったことがないな」というところからですね。40歳の手前くらいで、苦手なことや初めてのことに挑戦したいなという気持ちが芽生えたんです。僕自身は何でも“初めてやること”に結構抵抗があるタイプなのですが、でも、やってみたら声優の仕事や人生にフィードバックできることが多いんだな、まだ成長できるんだなと実感しまして。「そういえば富士山に登ったことがないよなぁ」と思い始めて、一回は登っておきたいと思っています。