中村ゆりか主演のドラマParavi「部長と社畜の恋はもどかしい」(毎週水曜深夜0:30-1:00、テレビ東京系)が現在放送中。同作は、志茂原作の同名漫画をドラマ化した作品。仕事が大好きなOLの真由美(中村)と定時上がりをモットーにした定時男子・堤司(竹財輝之助)のむずがゆい恋愛模様を描く。今回、WEBザテレビジョンでは主演の中村にインタビューを実施。演じる役柄の印象や、自身が思う大人について聞いた。

■コメディーは、映画やドラマで研究!

――演じる役柄の印象をお聞かせください。

まるちゃんは純粋に仕事が大好きで、一度集中すると猪突猛進してしまうような社畜の部分があるOLだと感じました。

――中村さんと真由美の共通点を教えてください。

こんなにエネルギッシュで明るいキャラクターは初めてなので、普段の自分とは真逆だと感じる部分もあります。共通点は、スイーツを食べたり、明るくなるようなものに出会うと息抜きができたりする部分だと感じます。

――役作りをするうえで難しい部分はありますか?

コメディーは私も取り組んだことのない分野だったので、どんなふうに演じるかを相談しながら進めています。コメディーものの映画やドラマを教えていただいて、それを見て研究しています。

――ちなみにどんな作品を見ましたか?

「ホタルノヒカリ」(日本テレビ系)を見ました。綾瀬はるかさんが演じている役は、仕事は仕事、恋は恋としっかり分けているんです。でも、仕事じゃないところは、ありのままをさらけ出しているところが魅力的なキャラクターでした。

まるちゃんも仕事は仕事、恋愛は恋愛と分けていて、もはや、仕事の方が恋愛より大事に思っているくらいのキャラクターなんです。そういったたくましい部分を表現できたらなと、見ながら思いました。

――今回の役は挑戦している感覚はありますか?

こんなに明るくて、エネルギーたっぷりなキャラクターは初めてなので、クランクインの前日はすごく緊張していました。不安を抱えて現場に入らないように、ちゃんと明るいまるちゃんを演じたいと思いました。

――演じてみて手応えは感じていますか?

まるちゃんの性格や楽天家な部分は、どう見えているのかなと不安になったりもしました。そんな中、お芝居をしていくうちに監督からも「なじんでいるね」と言われたことがすごくうれしくて、安心しました。

■ピンチが起きても焦らずに対応する人が、私から見た大人のスタイル

――相手役の竹財輝之助さんの印象をお聞かせください。

すごく朗らかで、同じ目線になって優しくお話してくれるような優しい方だなと感じました。

――竹財輝之助さん演じる堤司の魅力はどんなところにあると思いますか?

部長は自分の感情を人に伝えるのが苦手な人で、本心を伝えたらみんな受け入れてくれるのにずっとポーカーフェイスな男性です。でも、本心が見えたときとか、ポーカーフェイスだからこそ、ギャップを感じてかわいらしいなと感じます。

――真由美は気合を入れる時にチョコレートを食べますが、中村さんご自身は気合を入れる時にどんなことをしますか?

気合を入れる時は、安心できる人に会いに行ったりします。親に会うだけで気持ちがほっこりして、少し話すだけでも頑張ろうという気持ちになります。

――意気込むというより、逆に気持ちを落ち着かせるんですね。

ブレスをいれる感じですね。一人でいると考え込んでしまったりするので、それを少しでも休憩させることで視野を広げて取り組めます。親に会うと気持ちがほぐれたりもします。あと、友達と電話したりもします。

――「大人」という言葉が本作のキーワードになっているように感じます。中村さんご自身は「大人」という言葉をどのように捉えていますか?

ピンチが起きても焦らずに対応する人は、私から見た大人のスタイルだと感じています。

私はピンチに陥ると気持ちは焦っているんですけど、行動が遅いので周りから心配されがちです。そういうふうに見られない人が大人の女性だと思います。

――それは中村さんが憧れる大人の女性像ということですか?

そういう女性はいいなと思います。居心地もいいですし、一緒にいると落ち着くのでそういう女性に憧れます。

――中村さんは色っぽい役を演じることも多いように感じますが、そのような役柄を演じる時はどのようなことを心掛けていますか?

それこそ、さきほど述べた理想の女性像の心の余裕がある、しっとりとした女性を想像しながらやっていると思います。例えば、以前出演した「ギルティ〜この恋は罪ですか?〜」(日本テレビ系)だったら、監督も女性だったので色っぽい仕草などを丁寧に教えていただきました。そういった経験も今のお芝居につながっていると思います。

――最後に2022年の抱負や目標をお聞かせください!

2021年はいろいろな役に挑戦させていただいた一年で、ずっとやりたいと言っていたアクションに挑戦でき、実現できたこともすごくうれしかったです。そういったいろんな作品に出会わせていただいた年になったんですけど、今回も新しい役に出会わせていただいて、自分にとってすごく大きな機会なので、そこをしっかり演じたいです。

2022年も今作を通して、新しい自分が出せたらいいなと思います。より表現力を伸ばしたいと思うので、どんな役柄にも対応できるような人になれるように前進して、何事にも全力で取り組んでいきたいなと思います。