1月11日に、1月15日(土)よりスタートするドラマ「鹿楓堂よついろ日和」(毎週土曜夜11:30-0:00、テレビ朝日系)の制作発表記者会見がテレビ朝日にて行われ、主演の小瀧望に加え(ジャニーズWEST)、葉山奨之、大西流星(なにわ男子)、佐伯大地らシェアハウスをして暮らす鹿楓堂メンバーと、彼らに近づいてくる謎めいたパティシエ役の白洲迅が登壇した。

同作は、和風喫茶「鹿楓堂」を舞台に、店主でお茶担当のスイ(小瀧)をはじめ、料理担当・ときたか(葉山)、スイーツ担当・椿(大西)、珈琲担当・ぐれ(佐伯)ら心優しき4人の青年たちが、人生にちょっぴり傷ついた人々の心とおなかを満たしていく、おいしくて優しい“癒やし系飯テロドラマ”。

会見は、小瀧が「クランクインする前からすぐに打ち解けた」と開口一番語ったとおり、誰かがしゃべると誰かがツッコむ終始和気あいあいでにぎやかな時間となった。

葉山が「僕も含めて5人中3人が関西人ということもあり、現場は関西ノリです。僕がボケ倒してもみんながツッコんでくれるんです」と撮影現場の様子を明かした。すると、大西が「でも、最近のんちゃんは雑なボケをしてくるから対応に困るんです。できれば控えてほしいですね(笑)」と、事務所の先輩でプライベートでも仲良しの小瀧にまさかのクレーム。

すると小瀧が、「絶妙な2分の空き間って何をしていいのかわからなくて…。でも、ボケを15〜20回くらいやれば大体2分になるかな、と(笑)。大西ちゃんは直属の後輩ということで、僕も甘えてしまっている部分がありますね」と苦笑するひと幕も。

一方、小瀧は「大雨で撮影が中断したときに、大西ちゃんが奇妙な顔のてるてる坊主を作ってくれたんです。そしたら1時間後くらいに雨が止んで。それ以来、“天気の子”と呼んでいます(笑)」と大西の活躍ぶりを明かした。

すると大西が「奇妙過ぎて雨も驚いて逃げていったんでしょうね。呪われそうなのか(笑)、誰も怖くて外せないから今も現場に残っています」と、現在も取り残されているという“てるてる坊主”の存在を告白するなど、楽しい撮影現場の様子が次々と明らかになった。

また、佐伯は「大西くんは、小瀧くんの掛け声にだけ反応するんですよ。例えば、小瀧くんが『直し中!』って言ったら、大西くんも『直し中!』って言うんです。2人でイチャイチャしています(笑)」と、2人のやり取りを思い出して大爆笑。すると小瀧も「僕が調教しました(笑)」と“ドヤ顔”を見せていた。


■はっぴ&さらし姿にチェンジ!

そしてこの会見では、メンバーが、着流し&パティシエ服から、さらし&はっぴ姿にチェンジし、会場を訪れた記者の健康と発展、そしてドラマの成功を願う餅つきも実施。“返し”を担当する葉山の下、小瀧、大西、佐伯、白洲と順番に力強い餅つきを披露し、会場は一気におめでたい雰囲気に。

小瀧は「コロナ禍もあってなかなかこんな機会にも恵まれなかったので、本当にうれしい!」とニッコリ。一方、「幼稚園の頃に相撲大会に出た時に餅つきを見たことはあったのですが、やるのは初めてでした。かなりの重量感でしたが、葉山くんの返しがうまくて“落ち着き”ました」と、“餅つき”と“落ち着き”が掛かった秀逸なコメントを披露した大西だが、小瀧らはそれよりも「相撲大会…!?」と、意外な一面に驚き。5人がザワつく場面もあるなど、大いに盛り上がった。

■オリジナル企画「ヒミツの鹿楓堂」の独占配信が決定

また会見の最後には、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で、オリジナル企画「ヒミツの鹿楓堂」が独占配信されることが発表された。小瀧、葉山、大西、佐伯ら鹿楓堂メンバーの本編とはまったく違った素顔が見られるスペシャル企画を全6回に渡って配信する。続報は、番組ホームページやSNSで順次解禁予定。


■小瀧望(スイ/東極京水役)コメント

――男子校のような雰囲気でにぎやかな撮影現場だとうかがいましたが、印象的な面白エピソードがあればお聞かせください。

クランクイン前からポスター撮影とかでみんなとお会いする機会があったんですけど、すぐに打ち解けられたんです。クランクインの日からもう「ほんまにみんなでシェアハウスしてるんじゃないか!?」と思ったくらい、チームワークの良さがあると思います。本番直前までしゃべっているにぎやかな現場です。

中でも印象に残っているのは、いつも天候に恵まれているのに、信じられないくらい雨が降った日がありまして…。雨の音がひどくて撮影が一回ストップし、どうしたもんかな…となっていたら、大西(流星)ちゃんがてるてる坊主を作ってくれたんです。

「かわいいことするなぁ!ありがとう」と思ったんですけど、てるてる坊主の顔を見たら、ものすごく奇妙やったんですよ!「こんなにかわいくない、てるてる坊主よく作れたな!」って思うくらい(笑)。でも、それを飾って1時間くらいしたら、ピーカンになって!それ以来、「天気の子」って呼ぶようにしてるんです。撮影もスムーズに進んだので感謝しています。

佐伯大地くんはちょっとだけ年上なので、お兄ちゃんという感じで、みんなが甘えるんです。あと、葉山奨之くん主体で言葉遊びのゲームや、差し入れのグミを目隠しした状態で食べて「何味か当ててみよう」というようなゲームが始まることが多いです。「どこがゴールなんやろう!?」と思うようなゲームなんですけど、ハマりましたね。そのとき永遠に当てられなかったのが大地くんと白洲迅くんです(笑)。

――“癒し系飯テロドラマ”ということですが、撮影現場で食べた料理やスイーツで最高だったものを教えてください。

僕はやっぱり、何年ぶりかに食べたカツ丼ですかね。僕も大地くんも節制した食生活を送っているので、普段はあまりカツ丼とか食べないんですけど、見た目も匂いもあまりにも美味しそうで!だから、一口カツ丼を作ってもらって食べました。めちゃくちゃ美味しかったです!
 
――料理や所作で苦労されたこと、練習されたことはありますか?

僕はお茶担当なんですけど、撮影前に所作と入れ方を覚えたんです。いろんな茶器の向きや指の添え方は、現場で教えていただきました。今はもうバッチリです!

――鹿楓堂は“なくてもいいけど、あるとホッとする存在”ですが、ご自身にとってそういう存在は?

僕はベッドで寝ているんですけど、羽毛布団と僕の間に毛布を1枚入れると、だいぶ暖かさが違うんですよ!毛布はなくてもいいんですけど、あるとより暖かいなって思いますね。

――主題歌「黎明」は“新しい始まり”を意味しますが、今年始めてみたいことはありますか?

サウナ生活。このメンバーも、5人中3人が“サウナー”なんですよ!あまり縁がなかったので、今年からはサウナで汗をかいて水風呂に入って、キュッとたまご肌になりたいなって思います。実は、大地くんがこの間、現場に真っ白なかわいらしいサウナハットを持ってきてたんです。あれ、なんで持ってきたんですか?(「サウナの帰りだった」と聞いて) 朝からサウナ活、いいですね!

――新年早々、餅つきをした感想は?

コロナ禍ということもあり、なかなかこういう機会に恵まれなかったので、とてもうれしかったです。でも、勘違いしてほしくないので、このドラマは“餅つき群像劇”ではないということを、改めてお伝えしておきます(笑)。

今は、「いよいよ土曜日から放送が始まるんだな!」という思いでいっぱいです。素晴らしい原作を基にドラマを作らせていただいて本当に光栄ですし、2022年の幕開けにふさわしいドラマなんじゃないかな、と思っています。皆さんの心とお腹を満たしてくれるドラマだと思いますので、見ていただけたら、うれしいです!


■葉山奨之(ときたか/永江ときたか役)コメント

――撮影の合間に、皆さんでどんなお話をしたり、遊びをしているのかお聞かせください。

基本的に、ここでは使えない内容を話しています(笑)。…というのは冗談ですが、僕も含めて3人が関西人なので、関西のノリで会話しています。僕は基本、ボケ倒しているので、それにのんちゃんや流星くんがツッコんでくれたり。あと、たまに大地くんもツッコんでくれたりしています。

――料理や所作で苦労されたこと、練習されたことはありますか?

僕は料理担当なのですが、まだネギしか切っていなくて…。ちゃんと、切って火をつけて炒めて、など全部こなして“一品できました”というのは、まだやっていないんです。プロのフードスタイリストさんの料理を見て「こんなにきれいには作れないなぁ」と思いながら、ネギを切っています(笑)。

――主題歌「黎明」は“新しい始まり”を意味しますが、今年始めてみたいことはありますか?

主題歌の「黎明」という漢字が書けなかったので、2022年中に書けるようにしたいですね。全然、適当に言ってるわけじゃないですよ(笑)!まだ猶予がたくさんあるので、2022年中には書けるようになりたいと思います。

――新年早々、餅つきで、返しを担当した感想は?

クールポコ。さんの気持ちがわかりました。お2人は大変なことをされているんだなと思いました(笑)。


■大西流星(椿/中尾椿役)コメント

――主演の小瀧さんとは同じ事務所の先輩後輩ですが、小瀧さんの座長っぷりはいかがですか?また、やめてほしいことなどはありますか?

事務所の先輩であり、俳優の先輩でもある小瀧くんですが、今回は主演ということで、座長としての背中が本当に立派です。そしてたくさん差し入れもしてくれるんですよ!バームクーヘンやどら焼き、年末にはうなぎも差し入れしてくれて、本当に現場が盛り上がりましたし、おいしかったです。

ただ、ちょっと最近雑なボケというか、反応に困るボケをしてくるので、後輩としてどういう対応をすればいいのかわからないところはありますね…。かわいいんですけど….。それはちょっと控えてほしいな、と思います(笑)。

あと、のんちゃんが「直し中!」って言ったら、後から続いて大きな声で「直し中!」って言うんですけど、ほかの人が言ったときには絶対言わない、って決めています(笑)。

――主題歌「黎明」は“新しい始まり”を意味しますが、今年始めてみたいことはありますか?

僕は2022年、成人を迎えました。このドラマをきっかけに料理を始めたいです。料理の温かみを感じることができたので、今はまだひとりでお鍋しか作れないんですけど、炒めものなんかもできるようになって、いつかはパンケーキとかまで作れるようになりたいですね。

――料理や所作で苦労されたこと、練習されたことはありますか?

僕はスイーツ担当なんですけど、今まで作ったことがなかったので、生クリームを作る工程なども一から教えていただきました。撮影の合間にも、生卵を混ぜてミルクと合わせて練習しました。今ではクリームの絞り方などもマスターしてきたので、ひとりでも作れるようになり…そうですね(笑)。

――新年早々、餅つきをした感想は?

初めてお餅をつきました!幼稚園の頃に相撲大会に出た時に餅つきを見たことはあったのですが、やるのは初めてでした。かなりの重量感でしたが、葉山くんの返しがうまくて“落ち着き”ました。


■佐伯大地(ぐれ/グレゴーリオ・ヴァレンティノ役)コメント

――現場のムードメーカーは誰ですか?また、最年長の佐伯さんから見たそれぞれのキャラクターを教えてください。

ムードメーカーは小瀧くんですね。ちなみに僕、小瀧くんから「のんちゃんと呼んで」と言われたんですけど、なかなか呼べなくて…(笑)。(小瀧がすかさず、「ちょっと待って!オレが『のんちゃんって呼んで』って言ったことバラすのめっちゃ恥ずかしいからやめてー!」と絶叫すると)恥ずかしいだろうなと思って今発表してみました(笑)。

それはさておき、現場では一番声を出していて、「レンチェン!レンチェン!(=レンズチェンジ)」とか「直し中!」とか言っています。さっきも小瀧くんと大西くんがイチャイチャしていましたけど、現場でも小瀧くんのそういう声掛けに大西くんだけが反応しています。

みんなにキャッチフレーズを付けるとしたら、葉山くんは「静かなる寅」。大人しいけど、猛虎のような内に秘めたる思いを感じます。小瀧くんは「優しき巨人」かな。白洲さんは「さわやかくん」。大西くんは「令和生まれ」ですね。ジェネレーションギャップを感じるくらい新たな風を吹かせていると思います。

――“癒し系飯テロドラマ”ということですが、撮影現場で食べた料理やスイーツで最高だったものを教えてください。

僕は大福です!実は、フードを作ってくださるチームの方々に「大福が好きなので、キープしていいですか?」って頼んで、みんなは知らないと思うけど、僕はこっそり大福をもらって帰りに食べました。

――料理や所作で苦労されたこと、練習されたことはありますか?

僕は、ピッと押すとガーッと出てくるエスプレッソマシンしか見たことがなかったのですが、現場にあるのは、いかにもおいしいコーヒーを入れそうなマスターが「イタリアでしか売っていない」と言うような立派なマシンなんですよ。それで何回も入れさせていただいて、最近ようやくミルクをきれいに注げるようになりました。ラテアートは難しいんですが、お店の上手な方に教えてもらって、楽しんで描いています。

――鹿楓堂は“なくてもいいけど、あるとホッとする存在”ですが、ご自身にとってそういう存在は?

僕は湯たんぽですね。現場で湯たんぽを抱えさせていただいて、「あ、これいいな」と思って、すぐにネットで買いました。今は抱いて寝ています。

――主題歌「黎明」は“新しい始まり”を意味しますが、今年始めてみたいことはありますか?

今回イタリア人と日本人のハーフという役をやって、ほかの語学に興味が湧いてきたので、英語をしっかり勉強したいと思います。イタリア語はちょっと難しいので…(笑)。

――新年早々、餅つきをした感想は?

(鍛え抜いた体に、小瀧から「胸筋で餅をつくの(笑)?」と言われて) なんか…僕だけ世界観が違って恥ずかしいです(笑)。


■白洲迅(角崎英介役)コメント

――白洲さんは少し遅れて鹿楓堂メンバーとの撮影に参加されたとのことですが、現場の様子はいかがですか?

キャストももちろんそうなのですが、スタッフさん含めて和気あいあいで仲が良過ぎて、こんな現場はなかなかないですね。まず驚いたのは、カットがかかったときに毎回拍手が起きるんです。どういう現場なんだろうって、最初は戸惑いました。普通の撮影現場では、そんなことないですから!

――“癒し系飯テロドラマ”ということですが、撮影現場で食べた料理やスイーツで最高だったものを教えてください。

僕は割とスイーツが多いのですが、抹茶ロールケーキを食べる回がありまして、あれだったら30個はいけますというぐらい、おいしかったです!盛らずに30個はいけます!(大西から「2、3個でキツイっていう顔していましたよ?」とツッコまれて…)それは言うなよ〜(笑)!

――料理や所作で苦労されたこと、練習されたことはありますか?

実際のパティシエさんたちの手は職人さんだから武骨な手をしているのか、はたまた一種のショーとして見せるべくケアされているのかわからないのですが、僕のすし職人の友だちは手元を見られるからと、ネイルサロンに行っているんです。それを知って、僕も撮影前に人生初のネイルサロンに行ってきました。でも、現場では誰も気づいてくれなかったです(笑)。ネイルサロンは、すっごく緊張しました。長い時間、ずっと女性のネイリストさんに手を触られてドキドキしましたが…ちょっとよかったです(笑)。

――鹿楓堂は“なくてもいいけど、あるとホッとする存在”ですが、ご自身にとってそういう存在は?

最近、トイレ用のいい芳香剤をいただいたので、行きたくもないのに長居しちゃったりしています(笑)。なくてもいいけど癒されるな〜と思って、トイレの時間ひとりで落ち着いています。ホッとできますね!

――主題歌「黎明」は“新しい始まり”を意味しますが、今年始めてみたいことはありますか?

スカイダイビングです。毎年ずっとやりたいといっているのですが、結局できていないので…。そういうお仕事をお待ちしております(笑)!

――新年早々、餅つきをした感想は?

とてもおめでたい気持ちになりました。僕、初詣に行っておみくじを引いたら“大凶”だったんです。悔しくてもう1回引いたら、ひとつ上がって“凶”になりました。今回の餅つきでさらに運勢が上がったかもしれません。