鈴木伸之と犬飼貴丈が出演するドラマ「ケイ×ヤク−あぶない相棒−」(毎週木曜夜11:59-0:54、日本テレビ系)の第1話が、1月13日に放送された。2人が出会い、手を組むまでが描かれた初回は、素直でマジメな一狼(鈴木)とミステリアスな獅郎(犬飼)それぞれの美しさが鮮烈。2人の相性の良さも垣間見え、バディへの期待高まるスタートとなった。

原作は、WEB連載にて1000万PVを突破した、薫原好江による同名漫画「ケイ×ヤクーあぶない相棒ー」(講談社「Palcy」連載中)。鈴木演じる堅物な公安捜査官・国下一狼と、犬飼演じる指定暴力団「峰上組」若頭・英獅郎がバディを結成し、闇に葬られた事件を追ううちに巨大な陰謀へ巻き込まれていく、という“あぶないサスペンス”。

第1話では、上司から獅郎の監視を命じられた一狼が会員制サロンにもぐりこんで獅郎と出会う場面や、その後意外な場所で“再会”を果たす場面が描かれた。

2人が再会したのは、公安部の一狼の先輩捜査官・央莉音(栗山千明)の墓の前。面倒見がよく一狼をかわいがっていた莉音は3年前に、突然失踪。遺体も見つからないまま組織上層部によって死亡と認定されたのだった。

獅郎は、その莉音の弟だという。自分と同じく莉音の死に納得していない獅郎を見て、一狼は「俺と手を組まないか?お前を監視するという任務続行を装って、2人で先輩の事件の真相を突き止めるんだ」と提案した。

■「2人のバディ結成にワクワクした!」

バカがつくほど真面目で仕事熱心な公安捜査官・一狼と、とがったナイフのようなシャープで危険な香り漂わせるヤクザ・獅郎。水と油のような2人のバディはクールで鮮烈だ。

一狼役・鈴木は鍛え上げられた肉体美も惜しげもなく披露。さっぱりとした黒髪と清潔感あふれる白シャツからも、実直なキャラクターがうかがえる。一方、獅郎役・犬飼は長髪を金髪に染め、得体の知れない凄みを発する。この2人が今後、どのようなコンビネーションを見せていくのか、予想もつかない。

それぞれ違った美しさを見せる2人に、視聴者からも「鈴木くんも犬飼くんもめちゃくちゃカッコいい!!」「狂暴で、強烈でスタイリッシュ」「2人のバディ結成にワクワクした!」と言った声が上がり、放送後「#ケイヤク」がTwitterのトレンド上位に浮上する反響を呼んだ。

エンディングには“おまけ”と称したワンシーンも。「わりぃ、俺携帯持ってない」という獅郎に「どうやって連絡取るんだよ。すぐに買え」と迫る一狼。

「携帯嫌いなんだよな〜。縛られてる感じがして」「買え。すぐに買え」「おまえ束縛キツいタイプだろ?嫌われるよ?そういうの」というやり取りが繰り広げられ、結局は「携帯を持っていない」というのは獅郎の冗談だった、というオチ。ハードボイルドな本編とは少し違った2人のコミカルなやり取りも、ファンを魅了した。