永瀬廉が1月14日、映画「真夜中乙女戦争」(1月21日[金]公開)の公開に先がけて都内で行われた「『真夜中乙女戦争』大学生お悩み相談イベント」に登場し、仕事に対する考え方が変わったきっかけを明かした。

イベントでは、永瀬と池田エライザが観客の現役大学生たちから寄せられたのリアルな悩みに答えた。就職活動中の学生の“将来の仕事”にまつわる悩みでは、2人が自身の経験を明かしながら親身になってアドバイス。

永瀬は「確かに、やりたいことっていうのはなかなか見つからないと思う」と答え、「俺も、事務所入ったのも親に入れられたみたいな感じで最初、全然やる気なかったし、人前に立つのが嫌過ぎて仕事とかも途中で帰ってたし…」と告白。

続けて「でも、ジャニー(喜多川)さんが、それでも俺の立ち位置を前の方に付けだすから(苦笑)。その時は『何でなんやろう?』って思ってたんです。『この仕事、すごい楽しいな。やりがいあるな』って感じるようになり始めるまで大体3年ぐらいかかったかな。きっかけは『1つの舞台を作り上げる中で、先輩方がこんな頑張っているのに、いい役をもらっているのに俺だけやる気ないのもちょっと申し訳ないな』っていう気持ちからなんですけど」と告白した。

そして、「人生まだまだ長いと思うから、(会社に)“とりあえず入ってみる”で全然いいと思うんです。自分の人生なので、自分が一番楽しむっていうことに重きを置いて!」と語った。

一方、池田は「私は(監督や女優、モデル、歌手など)“なんでも屋さん”みたいになってきているので、私の場合は良い例ではないと思うんですけど」と前置きをしつつ、「私は、みんなが外で遊んでいる時間とかに図鑑を読んだりするような子どもだったので、子供の時は結構『何でみんなとうまくコミュニケーションが取れないんだろう?』と悩んでいました」と振り返った。

そして、「『ドッチボールいこうぜ!』とか言われても、図鑑を読んで何かについて調べるっていう好きなことを貫いてきたから、今こういうお仕事ができてるのかなと思う。自分が今好きになれそうな物を、職業とか直で考えずに素直に振り返ってみると、自分のいいところも見えてきたりするのかなと思うので、まずは軽めの趣味探しとか一人の時間を大切にされてみてはいかがでしょうか?」と提案した。

同作品は、10代・20代を中心に圧倒的支持を集める新鋭作家Fの初の小説を映画化したもの。永瀬演じる平凡な大学生の“私”が、池田演じる“先輩”と柄本佑演じる“黒服”と出会い、少しずつ自意識で塗り固められた強固な殻を打ち破って成長し変貌を遂げていく。一方、その水面下では「真夜中乙女戦争」と名付けられた計画が進行しており、“私”は想像を絶する事態に巻き込まれていく、というストーリー。

文、写真=原田健