元乃木坂46の生田絵梨花、俳優の城田優が1月14日、都内にて開催された映画「コンフィデンスマンJP 英雄編」初日舞台あいさつに、長澤まさみ、東出昌大、小日向文世、小手伸也、瀬戸康史、江口洋介、田中亮監督と共に出席。城田が、生田について「皆さんが思っているよりポテンシャル高い」と語った。

同作は「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ、「リーガル・ハイ」シリーズなどを手掛けた脚本家・古沢良太による人気テレビドラマの劇場版第3弾。美しきコンフィデンスウーマン・ダー子(長澤)、若きコンフィデンスマン・ボクちゃん(東出)、百戦錬磨のコンフィデンスマン・リチャード(小日向)、3人のコンフィデンスマン=信用詐欺師が地中海に浮かぶ世界遺産の島“マルタ”の首都であるバレッタを舞台に、大人のだまし合いバトルを繰り広げる。

今作で“魔性の女”畠山麗奈を演じる生田は「こんなに最高の作品を、皆さまとこういうふうに共有できることはすごくうれしいです」とイベントに集まった観客を見渡し笑顔。「私は試写でこの作品を見たんですけど、台本を読んで内容は知っているはずなのに、本当に新鮮な驚きとワクワクを感じまして、また絶対に公開されたら劇場に見に行こうと思いました」と語った。

また、麗奈という役どころについては「誰だったか分からなかったという感想を私の周りでももらいます」と、同役がこれまでのイメージを一新するものであったと告白。

「やる前はどういうふうに役作りしておこうかなって迷ったんですけど、『これはアリアナ・グランデだ』って思ったんですよ。髪形もメークも服装もその印象だったので、アリアナ・グランデの動画を見まくって、『どういう動きしてるかなー』とか、グローバルな感じをヒントにいただきました」と振り返った。

そんな生田を、小日向は「『イチケイのカラス』という作品に生田さんがゲストでいらした時に、全然違う感じだったので『生田さんって人はどっちが本当なんだろう』って。自分も俳優なんだけど、『すごいな女優さん』って思っていました」と絶賛。

また、城田も「彼女は皆さんが思っているよりポテンシャル高いですよ。これからきっと徐々に出てくるんじゃないかなと思っています」とさらなる飛躍を確信。

本作の現場では小手が“イジられキャラ”となっていることから「小手さんをイジる空気がある、みたいな話があったじゃないですか。イジることに慣れていない人間は戸惑うんですよ。彼女は完璧にそれをこなしているから。イジり100点なんですよ。だから、これから“バラエティー女優”としてね」と、生田のバラエティー能力の高さに期待を寄せた。

しかし、生田は「いやいやいや、正統派の女優を目指させてください」と顔の前で手を振り、城田は「冗談です(笑)。正統派でやりつつ、たぶんいろんな引き出しがある。これから自分でも知らない引き出しがいっぱい出てくるんじゃないかな」と、なおも期待していた。

◆取材・文=山田健史