俳優の横浜流星が出演する日曜劇場「DCU」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系※第1話は25分拡大)が1月16日(日)にスタートする。横浜が演じるのは、DCU隊員ダイバー・瀬能陽生(せのう・はるき)。この役のために苦手な水を克服し、スキューバダイビングのライセンスを取得したという横浜が挑むキャラクターがいよいよそのベールを脱ぐ。

同ドラマは、隊長の新名正義(阿部寛)を中心に、海上保安庁に新設された「DCU(Deep Crime Unit)」の個性豊かなメンバーたちが水にまつわるさまざまな難事件に立ち向かい、「水中」にある謎を解明していく“ウォーターミステリー”。「DCU」の個性豊かなメンバーたちの人間ドラマも描かれていく。

TBSがハリウッドでも活躍するケシェット・インターナショナル社およびファセット4メディア社と共同制作し、壮大なスケールで作り出すオリジナル作品だ。

横浜にとっては今作が、日曜劇場初出演。演じる瀬能は、ダイバーとしての能力が組織の中でも群を抜く存在。それが強い自信となってチームを引っ張る原動力になることもあれば、一人で突っ走って行き過ぎた行動を引き起こし、逆にチームに迷惑をかけてしまうことも…。

また、幼い頃、家族旅行中に海難事故に巻き込まれ、両親を亡くし、自身は新名に助けられたという過去も持つ。人一倍の使命感を持った、熱いキャラクターなのだ。

横浜はこのドラマの撮影に先立ってスキューバダイビングのライセンスを取得。中学時代には極真空手の世界王者に輝くほどの運動神経を持つ横浜の、身体能力を活かした水中の演技が全貌をあらわす。

■胸ぐらをつかむシーンも…!熱い男・瀬能に注目!

第1話では、発足直後のDCUが描かれる。

2022年、海上保安庁に「潜水特殊捜査隊」、通称「DCU」が発足した。設立の目的は、島国日本において海や河川で発生する事件の解決や、水際からやってくるテロなどからの防衛。50歳を迎えた新名正義(阿部寛)を隊長に、隊員には瀬能のほか海保のエリート・西野斗真(高橋光臣)や女性初の潜水士・成合隆子(中村アン)の姿も。

横浜自身も会見で「スキューバダイビングのライセンスを取って、皆で筋トレをしています。光臣さんが現場に筋トレの機械を持ってきてくれるので、それを使って現場で鍛えたり、ジムに行ったりして」と語った通り、隊員役のメンバーとも高め合って体作りを行っているという。

公開されている第1話予告では、横浜演じる瀬能が「今助けます!」と絶叫しながら現場に駆けつける緊迫感あふれるシーンや、感情をたかぶらせて相手の胸ぐらをつかむ激しいシーンも見ることができる。瀬能陽生がどんな人物で、どんな活躍を見せてくれるのか、期待が高まる。