ABEMAオリジナルシリーズ新作ドラマ「30までにとうるさくて」(毎週木曜夜10:00〜、全8話)の第1話が、ABEMAにて1月13日に放送された。

本作は、それぞれ異なった感性や価値観を持つ、現代の東京を生きぬく29歳独身女性たち4人組の恋、キャリア、性、友情の物語で、「30歳までに結婚しないと…ってあせるけど、なんで?」「子供を産むなら年齢は気にしたほうが良い?」「29歳、私たちこのままでいいのかな」など、“30歳”という節目の年齢を意識する女性なら、きっと誰もが一度は感じたことがあるなやみやあせり、怒りを抱えながらも、自分たちの意思で乗り越えていく姿を、ユーモラス、かつ痛烈に描く、企画・プロデュースを藤野良太が務めるオリジナルストーリーだ。

■さとうほなみ演じる美山遥

大手広告代理店で営業職として働く、バリキャリの29歳独身の主人公の美山遥(さとうほなみ)は、5年つきあっている同い年の彼氏の長島奏多(堀井新太)にプロポーズされ、順調に見えるものの、実は1年半ものあいだセックスレスで、満たされない性欲を外で満たしてほん放に過ごしつつ、意を決して奏多に夜のお誘いをするものの、撃沈する。仕事では、キャリアを積む大きなチャンスをつかみ、仕事と結婚の両立になやみ始める。そんなある日、会社の同期である鎌田知也(柳俊太郎)とひさびさに再会し、そのままごはんへ向かう。知也から「入社当時、遥のこと好きだったんだよね」と打ち明けられ、遥は自身の欲求との葛藤をくり広げる。

バンド・ゲスの極み乙女。のドラマーのほな・いこかでもある、女優のさとうが演じる遥が、欲求と葛藤の末、プロポーズを受けるのか、または知也に心を奪われてしまうのか、まもなく30歳を迎える遥の人生の選択に注目が集まっている。

■山崎紘菜演じる三浦恭子

ふたりめの主人公、恋愛には一切興味がない敏腕女社長の三浦恭子(山崎紘菜)は、新しい仕事のきっかけになると思い、向かったランチで、仕事の話はまったくせず、釣りの誘いをしてきた取引先の男性の思惑に激怒してしまう。仕事一筋な日々を過ごすある日、産婦人科検査の再検査の通知が届き、突然、人生の岐路に直面、自身のキャリアと将来について考え始める。

■佐藤玲、石橋菜津美が抱えるものは

社長秘書として働きながら、「年収2,000万円以上」の男性を求めて、結婚相談所に通う3人目の主人公の藤沢花音(佐藤玲)、フリーのクリエイターとして活躍し、女性のパートナーを持つ4人目の主人公の佐倉詩(石橋菜津美)、主人公4人それぞれが抱えるなやみやあせり、怒りを、どのように自分たちの意思で乗り越えていくのかが描かれている。