King & Princeの永瀬廉が主演を務める映画「真夜中乙女戦争」(1月21日[金]公開)のメイキング&インタビュー映像が解禁された。同映画の原作は、Amazon総合カテゴリでベストセラー1位を獲得した作家Fの初の小説「真夜中乙女戦争」。“平凡で退屈な日々を送る青年が自分自身と東京を破壊するまでの夜と恋と戦争”を描いた物語となっている。

自分の人生に絶望し、生気のない虚無感を抱えたまなざしで無気力な大学生活を過ごしていた永瀬演じる“私”は、女優・池田エライザ演じる凛々しく聡明な“先輩”に引かれていく。さらに、人の心を一瞬で掌握してしまう危険なカリスマ“黒服”(柄本佑)と出会い、彼の計画する「真夜中乙女戦争」という名の“東京破壊計画”へと巻き込まれていく。

公開されたメイキングでは、監督とのやりとりや、髪が乱れ顔にあざがある満身創痍の“私”の姿が映し出されている。両目を潤ませ、切ない表情で電話先の相手に何かを伝えようとする姿は、冒頭の笑顔で話していた表情とは一変。「真夜中乙女戦争」に巻き込まれるなかで、“私”が退屈な未来に抗おうとする“青春のあがき”を捉えたカットが収められている。

同作では、ダークなキャラクターを演じ、新境地を見せた永瀬。クランクイン時に「皆さんが思う永瀬廉とは違う永瀬廉になると思う」と語っていた永瀬は、「実際に演じてみてそうなったと思いますし、そうなるために監督といっぱい話をして作り上げてきました」と手応えを明かす。

永瀬と初めてタッグを組んだ二宮監督は「おこがましいけど『永瀬さんの代表作にしたい』と強く思ったんです。そのために今までだったら『この人はこういうやり方をするんだ』と思って俳優に任せていた部分も、今作では一切許さなかった」と覚悟にも似た熱い思いを述べ、また永瀬もインタビュー映像で「監督も気合が入っていたので僕も負けないように、お互いミスれない状況のプレッシャーがあった」とクライマックスシーンについてコメント。

「二宮監督と最初に立てた『かっこいい映画にしよう』という部分はやり切れたと思います。ダークさやスタイリッシュな感じも魅力の1つですし、いろんな人が見てくださるとその分いろんな考え方が生まれる作品。悶々として観て、夜眠れなくなってほしいです」(永瀬)と自信をうかがわせている。

また、主題歌は史上最年少でグラミー賞の主要4部門に加え7冠の快挙を成し遂げたビリー・アイリッシュの2021年7月に発売されたニューアルバムの表題曲「Happier Than Ever」に決定した。