声優の関智一と畠中祐とが出演する「声優と夜あそび 金」(毎週月〜金曜夜10:00-11:30、ABEMAアニメLIVEチャンネル)、1月14日放送の「ホカホカ!こたつウィーク」最終日となる #34では、こたつに入りながら「声優と夜あそび2021 大忘年会SP」のふり返りトークをくり広げたのに加えて、視聴者がなんでもありで関と畠中を笑わせる「笑う門には福来る!新春 笑わせろ選手権」などのコーナーを行った。

■「声優と夜あそび2021 大忘年会SP」について

新年最初の金曜日ということで、オープニングでは、リラックスした姿で登場したふたりは、おでんを味わいながら、2021年末に放送された「声優と夜あそび2021 大忘年会SP」について、畠中が金田朋子のパワフルさに負けたことを反省するなか、関は事務所の後輩である木村昴とのウラ話を披露した。

木村に誘われてふたりで打ち上げをしたという関は、「かわいかったよ!“MC、うまくなりましたでしょ?”って聞かれて、うまくなったんじゃないって答えたら、“よしっ!”て(笑)」「かわいい後輩と先輩の図をくり広げていましたよ」とほほえみながら話し、「中坊の頃から知っているから!」と長年の師弟関係を語る関に、畠中は「めちゃくちゃいいじゃないですか!」「青春を感じる会話、たまらないですね」と興奮し、ふたりのほほえましいエピソードに耳を傾けていた。

■視聴者参加型の金曜恒例コーナーでは

視聴者参加型の金曜恒例コーナー「笑う門には福来る!新春 笑わせろ選手権」では、関、畠中を笑わせられるなら、どんなことをしてもOKという金曜恒例のコーナーで、採用された方には、関、畠中の直筆サイン入り番組特製ステッカーが、さらに関、畠中をいちばん笑わせた挑戦者には、ふたりの私物がプレゼントされる。

まずは、ふたりが用意したプレゼントを披露し、「なくてはならない仕事道具ですよ!」「欠かせない相棒みたいな…」と話し、その日もアフレコ現場で使っていたというボールペンを取り出す関に、隣の畠中は「すげー!これぜったいうれしいって!」と、思わずファンのように興奮する。畠中からは、最近まで着用していたという限定品のアウターが用意され、ふたりのガチ私物のプレゼントに盛りあがる。

その後の選手権では、方言ネタを披露した参加者にあわせて、方言での会話をくり広げたり、シュールな特撮劇を披露した参加者と畠中が、ウルトラマンZ vs ゼットンの妄想バトルで夢の共演をしたりと、ふたりはファンとの交流を楽しむ。

■最後の参加者は金田朋子

そして最後の参加者はファンと思いこむふたりの前に、“夜あそびファミリー”の金田がまさかの登場となる。おなじみのかぶり物をつけ、いつものハイテンションで登場した金田と、「閉めて閉めて!」と早々に危険を察知し、強制終了する関に、スタジオは爆笑に包まれる。

再び中継をつなぐと「おめでタイ体操、おどります〜!」と独自のワールドでおどり始めた金田に、ふたりは「お腹いっぱいですww」「無理無理無理!」と大爆笑で、どんどん金田のペースに巻き込まれていった。