指原莉乃がプロデュースするアイドルグループ・=LOVE(イコールラブ)のメンバーであり、アニメ好きの野口衣織が「神セリフ」からアニメの魅力をひもといていく連載企画。第4回では、生粋のホラー好きである野口が、2021年10月期に放送されていたホラーコメディアニメ「見える子ちゃん」(TOKYO MXほか)について語る!※この記事には、作品のネタバレが含まれています

■「見える子ちゃん」ってどんな作品?

ある日突然、普通の人には見えない異形な“ヤバい”やつらの姿が見えるようになってしまった女子高生・四谷みこ(CV:雨宮天)。みこは鋼の精神とスルースキルを駆使して、ヤバいやつらとの遭遇を全てシカトで凌いでいく――。

■ホラー系は、映画館に見に行くほど好きです!

私は元々ホラー系が得意ジャンルなので、映画の「死霊館」や「クワイエット・プレイス」、ゲームだと「バイオハザード」とかが好きなんです。ホラー映画は映画館にも見に行きますし、1人でも余裕で見れちゃいます。

「見える子ちゃん」も原作の漫画がすごく好きで読んでいたんですけど、ホラー作品って漫画か実写のどちらかで見たい派だったんですよ。というのも、白黒の方がより怖いイメージがあるので、アニメになると怖さが半減しちゃうんじゃないかな?と思っていて。でも「見える子ちゃん」のアニメを見てみたら、超怖かった…!化け物の雰囲気や声、出てくるタイミングとかが本当にすごくて、夜に見るとゾクゾクしちゃいます。

■みこちゃんは、ずっと化け物に追いかけられててほしい(笑)

推しキャラは、やっぱり主人公のみこちゃん!化け物におびえているときの、キュッとなってるお口が可愛すぎる。そして雨宮さんによる、みこちゃんの怖がる演技が絶妙なんです。表情や声色にはそこまで出さないようにしてるんだけど、よく聞くと声がちょっと震えちゃってるみたいな、微妙な恐怖感が表れているんですよね。

心の中ではめちゃめちゃ怖がってて、涙目になって震えながらも、一生懸命化け物をスルーしようとするみこちゃんが可愛すぎて、もう守りたい…!でも、そんな不憫なみこちゃんも好きだから、やっぱり守りたくない!(笑)ずーっと化け物に追いかけられててほしいです(笑)。

■「見える子ちゃん」はホラー好きじゃない人にもオススメ!

「見える子ちゃん」で特に好きなのが、怖いシーンが来る前に、コメディシーンがあるところ(笑)。普通の怖い映画やアニメだったら、夜に見ちゃうと眠れなくなったりすると思うんですけど、「見える子ちゃん」には必ずあるから!優しさが!!(笑)ホラーの部分とコメディの部分のバランスがちょうどいいので、怖いのが苦手な方も「こういう作品なら見られるかも!」と思えるはず。絵柄も可愛いですし、オススメです。

■このシーンが好きすぎて、3回連続で見ました(笑)

「わださないがら〜」化け物
(「見える子ちゃん」第3話より)

これは神セリフというか、純粋に大好きなシーン(笑)。みこちゃんが喫茶店で友だちを待っていると、目の前の席にいたチャラい感じの男性に女性の化け物が憑いていて、これから会うであろう別の女の人と電話している男性の横で、悲しそうに「あいじてる あいじてる…(愛してる)」って言ってるんです。

その化け物が気になってチラチラ見ていたみこちゃんは、たまたま男性と目が合ってしまいます。自分に気があると勘違いした男性は微笑み返してくるんですけど、そのせいで化け物が突然豹変して「わださないがら〜!(渡さないから)」ってみこちゃんに詰め寄ってくる…というシーンなんですね。ここが、めちゃめちゃ好きで!この面白さは、文字では伝わりづらいので是非見てほしいです(笑)。

男性に対しては、あんなにしおらしく「あいじてる…」って言ってたのに、みこちゃんにロックオンした途端、いきなり人格が変わる温度差が、声優さんの演技もあいまってめっちゃ面白いんです。「わださないがら〜!」の抑揚とかもツボにハマっちゃって、3回連続で見ました(笑)。

■恭介みたいな“ちょうどいい弟”がほしい〜!

「彼氏…なんで俺に隠すんだ?」「姉ちゃんは俺が守る!」四谷恭介
(「見える子ちゃん」第4話より)

みこちゃんが化け物におびえている姿を見て、弟の恭介は「何か隠しごとがある=彼氏がいることを隠してる?」と勘違いします。しかも、最終的に「もしかしたら秘密にしないといけないほど彼氏が悪い奴なのかもしれない、だから俺が姉ちゃんを守る!」っていう結論にたどりついて、もう、勘違いのオンパレードで可愛い〜〜!一生勘違いしてるじゃん!みたいな(笑)。こんなに可愛くて純粋な弟がほしいです!

そして、彼氏について聞き出す最終手段として、お姉ちゃんと一緒にお風呂に入って話を聞こう!ってなるんですけど、いざ入ろうとすると急に「あれ?この前まで一緒に入ってたのに…」って意識し始めるんですよ。結局、お風呂場に化け物がいて、みこちゃんが弟に助けを求める形で一緒に入ることになりますが、そんなお年頃の弟が可愛すぎるシーンでした。

恭介は、すごく反抗期というわけではなく、かといってみこちゃんとすごく仲が良いわけでもない、本当にちょうどいい弟!姉弟でテレビを一緒に見て、お姉ちゃんにジュースを買ってきてもらって…みたいな関係なんですよね。可愛いなぁ、いい弟だなぁ。あぁ、こういう弟がほしい!(笑)