声優の浪川大輔と石川界人が出演する「声優と夜あそび 木」(毎週月〜金曜夜10:00-11:30、ABEMAアニメLIVEチャンネル)、1月20日放送の #35では、さまざまな気まずい状況でのふたりの対応力を試す「コレどっちがうまくできるか対決」で、どんな愚痴も、ポジティブに言い変える「ポジティブ変換対決」や、関係のない人の結婚式に流すVTRを作る「結婚式のお祝いVTR対決」で争ったのに加え、「あれ・これ・それプレゼン」「絶対助けるマンチャレンジ!」などのコーナーを行った。

■「コレどっちがうまくできるか対決」

「コレどっちがうまくできるか対決」では、さまざまな気まずい状況に対して、どちらがうまく切りぬけられるか対決するコーナーで、まずは、ふたりをイラつかせることでおなじみのAIロボット“AIちゃん”が放つどんな愚痴も、ポジティブに言い変える「ポジティブ変換対決」からスタートした。

浪川の相手の設定は後輩の声優で、「現場でダメ出しされたんです。監督クソですね」「30歳なのにバイトしていて、声優向いてないんですかね」と愚痴をこぼす後輩に、「興味があるから言ってくれてるの。言われなくなったら、逆にお終いだからね」「向いてないってみんな思うけど、仕事って、いつか向いてくるものだから」と的確なアドバイスでフォローする。

しかし、後輩の愚痴はヒートアップしていき、「台本がおもしろくないのが悪いんです」「声優を続けたら売れますか?」と甘える後輩に、ついに堪忍袋の緒が切れた浪川は、「おもしろくするのが仕事だから!」「お前も努力せい!」とガチに説教する。

すると、そんな浪川を見て「昔、僕も浪川さんに相談したなぁ〜」となつかしむ石川が、浪川とバーで声優論を語りあったエピソードを披露し、「あの時の言葉で前を向けました」「ネガティブな人間だったから、どうしたら前を向けますかって聞いたら、“前を向くには、まず横を向かないといけない。横には仲間がいる。その人たちに感謝をしていれば、前を向けるんです”って」と浪川からもらった言葉を明かす石川に、浪川は「恥ずかしいのよ!」と照れ笑いを見せていた。

■「会場、ざわざわしてるよ」

続いて、関係のない人の結婚式に流すVTRメッセージに挑戦する「結婚式のお祝いVTR対決」では、幼なじみの結婚式のVTRでスベった経験を明かし、顔を曇らせる浪川だが、いざスタートすると、定番の3つの袋にからめながら「大事だなと思うのはゴミ袋。男の人がここはがんばって、ゴミ袋出すのがいいんじゃないのかな」とオリジナリティを入れるセンスを発揮する。すんなりとメッセージを撮り終え、経験値を見せつける浪川に、石川から拍手が巻き起こる。

一方で、メッセージを送ったことがないという石川は、自己紹介をメインに、「人生の伴侶がいるってうらやましいなと思います」「そうですね…嫉妬で言葉が見つかりません!」と言い放ち、見かねた浪川が強制的に終了させる。なんでもこなす石川のたどたどしい姿に浪川は、「ぜったい会場、ざわざわしてるよ」とツッコミながら「めちゃくちゃかわいいやん!」「人間味があふれてて、俺はよかったよ」と絶賛する。

しかし当の石川は、「わかんないって〜」「ボロボロだ」と散々な結果になげいていた。

■新たな裏ワザ発見

番組内では、ふたりが雑誌「声優アニメディア」の「声優と夜あそび」コラボレーションページで答えた、2022年の抱負「あれ、これ、それで答えない」(浪川)、「人の助けになれる人」(石川)にちなんだ企画にも挑戦した。

浪川の抱負にちなんだ「あれ・これ・それプレゼン」では、名詞を使わずに、「あれ・これ・それ」を使った説明で、お題の言葉を伝えるゲームを楽しんだのに加え、石川の抱負にちなんだ「絶対助けるマンチャレンジ!」では、さまざまなアクシデントに、裏ワザを使って解決する問題に挑戦し、「あることをして、ホワイトボードに油性ペンで書かれた落書きを消せ!」「手袋をしたまま、あるものを使ってスマートフォンを操作せよ!」という問題が出題され、手袋をしたままスマートフォンを操作する問題では、正解とは違う答えで成功させるミラクルが起こったりと、新たな裏ワザの発見を楽しんでいた。


■次週、代永翼がゲスト

また、次週1月27日(木)の放送に、代永翼がゲスト出演することが発表され、ふたりはどんな“夜あそび”になるのか、次回の放送を心待ちにしていた。