米倉涼子主演の社会派サスペンスドラマ「新聞記者」が2022年1月13日(木)からNetflixで全世界同時配信中。

本作は2019年に公開の映画「新聞記者」を新キャストと新たな物語で描いたリメイク作品。
映画版は、近年の政治事件やスキャンダルに正面から切り込み、タブーに挑戦したといわれる衝撃作で、スリリングな展開、スタイリッシュな映像で第43回日本アカデミー賞の最優秀作品賞を含む主要3部門を獲得したほか、多くの映画賞を受賞した。

■パワーアップしたドラマ版
そして全6話のドラマとしてキャストを一新、新たな物語として生まれ変わったNetflixシリーズ「新聞記者」は、“新聞業界の異端児”と呼ばれる主人公の東都新聞社会部記者・松田杏奈を米倉涼子、理想を抱きつつも組織の論理に翻弄される若手官僚・村上真一役に綾野剛、そして新聞配達をしながら大学に通う就活生・木下亮役に横浜流星と、豪華キャストが集結。監督は映画版に引き続き、藤井道人が務める。

■配信直後から話題沸騰
配信直後の週末から、Netflixの日本における「今日の総合TOP10」にて1位を獲得、SNS上でも「見始めたら止まらなくなり最後まで5時間一気見してしまった」「役者さんや作り手のエネルギーが画面からはみ出してくるような、すごい熱量」「凄いドラマを観てしまった...!」と大きな反響を呼んでいる。

この度、本作の主要キャストである米倉涼子・綾野剛・横浜流星、そして藤井道人監督が具体的な3つのシーンを一緒に見ながら撮影秘話を語るスペシャル映像が解禁!

■米倉は取材を通して細かく役づくりを行った
映像では、米倉演じる不屈のジャーナリスト魂を持つ東都新聞社会部記者の松田杏奈と、横浜演じる新聞配達をしながら大学に通う就活生の木下亮が初めて出会うシーンについて振り返る。

米倉は「こんなに背骨が曲がってたなんて...」と役に入り込んだ自分に驚いた様子を見せるが、松田の『声なき声を届けるのが記者の仕事だと私は思う』という台詞について「監督と一緒に(実際の新聞記者に)取材をさせて頂いて、新聞記者として新聞がどういう風にあるべきかお伺いした時に、記者の方たちが仰っていた”声なき声を届ける”という言葉が監督の心に刺さって、そしてその言葉が引用されてここに来ました」と本作のテーマとなる重要な裏話を披露した。

■誰もがドキッとしてしまうセリフに米倉も納得
人生の帰路に立つ亮に松田が絞り出すように言葉を伝えるこのシーンで米倉は「緊張した!」と正直な感想も明かしていた。

その大事な言葉を伝えられた横浜は、就職活動中の亮のシーンを振り返り「藤井監督が描きたかった”一般市民”の目線を任せてもらったのですけど、就活も嫌々やっているこの青年が変化していくのかっていうのを楽しみにしてもらえれば」とNetflix版で新たに加わった普通の大学生・亮に起きる変化に注目してほしいと語る。

綾野が亮の『なんか変な感じだよな、みんな同じ格好してさ』という台詞について「ドキっとしますよね。このシーンに詰まっているものがあるっていうか」と指摘すると、まさにこの台詞を書いた張本人である藤井監督から「(亮が)大人になるっていうことはある種、自分たちの顔を消して組織の色になること。それに対しての彼の無関心さとの対比が出るなと思って」と真意が語られると、米倉も思わず納得した様子を見せた。

■綾野が何度もテイクを重ねたシーン
3つ目は綾野演じる国民に尽くすという理想を持ちながらも運命に翻弄されるエリート官僚・村上真一が抑えていた感情を一気に爆発させるシーン。

綾野自身も「こんなに頭を下げるのが大変なんだなと、どこまで頭が下がっているのか分からなかった」と夢中になった撮影を振り返る。本シーンで村上から絞り出される『申し訳ありません』という台詞については「(村上を追い詰めている)豊田に対して言ったんじゃなく、自分を信じて愛してくれた人たちに言ったような感覚がありました。たくさん撮りましたよね」という本作屈指の壮絶なシーンも、テイクを重ねて撮影したという裏話を明かした。

最後は米倉が「新聞記者はNetflixで絶賛発売中です!」とNGを繰り出す様子も収められ、キャスト・監督の仲睦まじい様子が微笑ましい映像になっている。Netflixシリーズ「新聞記者」は全世界独占配信中。