映画「ちょっと思い出しただけ」(2月11日[金]公開)の東京プレミア上映会が1月23日に都内の劇場で行われ、舞台あいさつに池松壮亮、伊藤沙莉、クリープハイプ・尾崎世界観、松居大悟監督が登壇した。

同作品は、第34回東京国際映画祭でコンペティション部門に選出され、観客賞とスペシャルメンションをW受賞した話題作。尾崎が自身のオールタイムベストに挙げるジム・ジャームッシュ監督の世界的ヒット映画「ナイト・オン・ザ・プラネット」(1991年)に着想を得て書き上げた新曲「ナイトオンザプラネット」を基に、松居監督が書き下ろしたオリジナルラブストーリー。物語はかつて恋人だった照明スタッフの照生(池松)とタクシードライバーの葉(伊藤)が別れてしまった後から始まり、愛し合った日、けんかした日、冗談を言い合った日、出会った日と、時が巻き戻されていく。

舞台あいさつでは、葉の運転するタクシーに乗るミュージシャンを演じた尾崎が「(勝手が)全く知らない現場だったので、初めての部分があって勉強になりました。どう自分がそこに存在していいか分からなかったんですけど、長く活動していくと慣れていくことばかりなので、初めてのことがあるというのは楽しかったです」と告白。

そんな尾崎の演技について、池松は「すごく重要な役で、(照生と葉の)二人を接続する役割を何度も果たしていて、僕は“まるでこの映画における妖精のような存在”だと思っているんですけど、それを見事な塩梅でやってらして、いいエネルギーを与えてくれていました」と絶賛する。

しかし、「ただ、カットがかかるたびに『俺、どう?』って聞いてくるのが、ちょっとうっとうしかったです(笑)」と親友の現場での行動を暴露。

池松の告発に、尾崎は「不安だから! 不安なのよ、ただただ。(自分の演技で)邪魔したくなかったし、壊したくなかったから」と慌てて弁解していた。

◆取材・文=原田健