多くの人を感動の渦に巻き込んだドラマ「最愛」(2021年TBS系)で、主人公・梨央(吉高由里子)の弟・優を演じ、そのけなげ姿でファンが急増した高橋文哉。2021年12月に発表されたViVi(講談社)「国宝級イケメンランキング」のNEXT部門(22歳以下が対象)で、1位を獲得するなど、ネクストブレーク俳優の一人として、最も注目を集めている。

ことしも、現在放送中のドラマ「ドクターホワイト」(毎週月曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)や、映画「牛首村」(2月18日[金]公開)に出演するなど、今後の活躍も目が離せない。

――2021年は4本のドラマ、2本の映画に出演するなど大活躍でした。

2021年は本当にいろんな役をやらせていただいて実のある1年でした。1月に「夢中さ、きみに。」(MBSほか)に出演しましたが、あれが1年前とは思えない、気持ち的には2年前くらいの感覚です(笑)。あとプライベートでは二十歳になったというのも大きかったです。

――昨年は特に、「最愛」での演技が注目を集めましたね。

SNSのフォロワーもすごく増え、街に出ても声をかけられるようになりました。やはり多くの方が見ていたのだと改めて感じ、そういう作品に出られたことは幸せだったと思いました。僕にとってこの作品こそ“最愛”そのものですね。本当に出会えて良かったと思いますし、参加できて良かったです。自分の中でいろんな財産が増えました。

――物語はもちろんですが、ロケも多く美しい場所が作品を彩る作品でした。

僕は(岐阜の)白川郷には行けなかったんですが、優が住んでいた寮のロケ地が山梨だったり、本当に色んな場所に行って撮影をしました。やっぱりその場の空気を感じてお芝居ができるというのは、すごく面白かったです。
引きの画も多く、撮られているときはどういう風に使われるかが想像できなかった部分もあったり、僕らが現場でモニターで見ていたら気づかなかったことも、完成されたドラマを見るとこう映るんだと改めて勉強になることも多かったです。

――「最愛」では吉高由里子さんを初めとした先輩たちの演技を間近に見られたこともいい刺激になったのではないですか?

もちろん、皆さんのお芝居を受けて自分の芝居ができたというのはすごく成長できたし、光栄でした。台本を読んで、姉ちゃん(吉高由里子)だったり、大ちゃん(松下洸平)、加瀬さん(井浦新)と一緒にいる優を僕なりに考えていっても、現場で吉高さんや松下さん、井浦さんは軽く超えてくるというか…。
台本を読んで、役のことをいくら考えても、やはり現場でお芝居をしてみると、また違うんです。受けてくれる相手によっても芝居は変わるし。自分を誰かに見てもらったときに初めて感じることもたくさんありました。そういう部分で改めてアウトプットすることの重要性をすごく感じました。

■佐久間は、ムードメーカーなのでテンションを大事にしながら演じています

――現在出演中の「ドクターホワイト」(フジテレビ系)では研修医・佐久間新平という、「最愛」の優とはまた全然違う役を演じていますね。

優と違って、底抜けの明るさがあるから全然違いますね。佐久間は、ムードメーカーなのでテンションを大事にしながら演じています。また、素直で負けず嫌いなところもありながら、熱血で人を思う心を持っている人物。最初は何もできないですが、ちょっとずつ誰かに信頼されていきます。彼を通じて、何かをあきらめない気持ちや確固たる気持ちが人を動かせることを伝えていきたいです。そして、台本には書かれていない魅力がたくさんある人物なので、それをお芝居で受け取ってもらえたらうれしいです。

――浜辺美波さんを初め、同じチームの医者を演じる役者さんたちも芸達者の方が多いので、また刺激を受けていると思いますが…。

すごく面白いです。例えば、片桐仁さんは大事なところですぐ逃げてしまう西島先生を演じているんですが、アドリブでそこから派生した演技をさらりとしていたりと、台本からは想像できないものが現場で繰り広げられています。台本に書いてある役を膨らましてキャラクターを作る姿は勉強になりますね。そのためにはちゃんと役と向き合わなければならないのですが…。僕もそういうことができる役者になっていきたいです。

――今まで学生の役が多かったですが、今回は研修医というのも新鮮ですね。

やれる役が増えてきているのはすごくうれしいです。それが年をとるということなのかもしれないですが…。まだまだやったことがない役があるので、いろいろ挑戦していきたいです。

■怖いのはめちゃくちゃ苦手です

――挑戦といえば、「牛首村」ではホラー作品に出演されていますが、撮影はいかがでした?

富山県の坪野鉱泉をはじめ、すごく有名な心霊スポットの廃墟ホテルなどで撮影をしたりと、普通では味わうことができない空気が流れている現場でした。行く前から、すごく脅かされていたのですが、昼間ということもあり、怖い経験もせず、意外と普通でした(笑)。

――怖いのは得意な方なんですか?

いや全然。めちゃくちゃ苦手です。正直、僕が演じる将太みたいになることは絶対にないですね。僕はそういう場所には絶対に行かないし、友達たちが心霊動画を撮っていたら怒りますから。でも、怖いけどただ単に驚かし続けるものではなく、物語の奥深さとかも感じられる作品になっているので、ぜひ見て欲しいです。人間ドラマでストーリーがすごく面白いので、一人で見に行けない人も多いと思いますが、誰かを誘って見に行ってくださったら嬉しいです。

――お仕事についていろいろ教えていただきましたが、そろそろバレンタインの季節。バレンタインの思い出を教えてください。

う〜ん、思い出…。小学生のころは“義理チョコちょうだいマン”だったんで、チョコはもらえた方でした(笑)。学校全体がそういう感じで、みんなチョコをもらっていて、僕もそれに便乗して「じゃあ僕も」と言ってもらっていました。
その中に何個か本命もありましたよ! 僕だけ手作りなんてものもありましたし、形がハートだったり。やっぱりうれしかったです。

■“待っている”というのが憧れで…!

――高橋さんはお料理もされますが、バレンタインのときにほしいスイーツありますか?

実は僕はあまり甘いものが得意じゃないんです…。
でも、もらうとしたら…ガトーショコラやシフォンケーキとかがうれしいけど、料理が得意じゃない人はちょっと難しいかな? となるとクッキーが無難かな? 甘いものがそこまで得意でない人にあげる場合も、クッキーならいいかもしれないですね。

――バレンタインの理想のデートとかありますか?

映画で見て、憧れみたいな感じで思っていたのが、すごくいいお店を予約して、待ち合わせ時間の30分前からお店で相手を待つというデート。この“待っている”というのが憧れで…!。お店はフレンチ。コースとかも全部僕が決めて、いいお酒を飲んだりして。あと服装もセットアップとか着てオシャレに決めて…。と、ここまでガチガチなのは映画の見過ぎなんですけどね(笑)。
30歳なのか40歳になるのか分からないですが、いつかはやってみたいです。もちろんお店の雰囲気は決まっているんで、そのときになったらお店を決めるだけです(笑)。

――すてきなプランですね! ことしのバレンタインはドラマの撮影で忙しそうですね。

そうですね。ことしは撮影が入るかな。でも今はお芝居をするのがすごく楽しいので、それができる環境というのがすごくうれしいです。ぜひ、ドラマ、映画を楽しんでください!