広瀬アリスが主演を務めるドラマ「恋なんて、本気でやってどうするの?」(毎週月曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)の第2話が、4月25日(月)に放送される。本作は、恋に本気になれない6人の男女が織りなす群像ラブストーリー。恋愛経験ゼロで、“恋なんて人生の無駄”と考える純(広瀬)らに訪れる運命的な出会いを描く。略称は“恋マジ”。

広瀬のほか、刹那恋愛主義のギャルソン兼見習い料理人・柊磨を松村北斗、早婚レス妻・響子を西野七瀬、ワケありの天才シェフ・要を藤木直人、パパ活女子・アリサを飯豊まりえ、不思議系陰キャ・克己を岡山天音が演じる。

■注目の第2話では――

失恋した純(広瀬アリス)は、「泣いていいよ」という柊磨(松村北斗)の胸で激しく泣きじゃくるが、翌日になると、やさしい言葉にほだされて弱みを見せた自分が急激に恥ずかしくなる。その上、偶然にも同僚たちと「サリュー」でランチをすることになり、純は柊磨の顔をまともに見ることができない。

その夜、アリサ(飯豊まりえ)と響子(西野七瀬)を呼び出し、柊磨に抱きしめられ部屋に誘われたことを報告していると、高校時代のラクロス部の元チームメート・大津浩志(戸塚純貴)から電話がかかってくる。今は地元・福岡のホテルで働いていて出張で東京に来ていると話す大津と合流した一同は、久々の再会に盛り上がる。中でも純と大津は昔から妙に気が合い、純にとっては居心地のいい相手。恋愛の可能性を全く感じさせない“安心安全男子”としてみんなに親しまれていた大津だったが、実は純に対して秘めた思いがあるようで…。

一方、アリサはパパ活相手の田辺(アキラ100%)に約束をドタキャンされ、イライラしていた。いつも立ち寄るコンビニの店員・克巳(岡山天音)が自分に好意を寄せていると気付いたアリサは、田辺に「おわびに」ともらった万札を突き出し、「今夜私に付き合って」と家に誘う。

純は大津の頼みで、近々開かれる同窓会の幹事を手伝うことになり、会場となる「サリュー」を訪れる。そこでもあくまで「恋愛なんていらない」と主張する純に、柊磨は失恋の傷を癒やすために自分と“お試しの恋”をしないかと持ち掛ける。話を聞いたアリサは、初体験を済ませるためにも渡りに船だと大賛成。「アイツだけはダメ!」と拒否する純に、だったら大津はどうかと響子が提案する。

そんな波乱含みの同窓会の場で、響子は偶然、シェフの要(藤木直人)と二人きりになる。

――という物語が描かれる。

公式HPなどで公開されている予告動画では、柊磨の「さっさと失恋を忘れたいなら、他に相手を見つけるのが一番」「本気にならなければいいんじゃない? お試しの恋なら」というせりふをはじめ、純が「やってやろうじゃない、お試しの恋」と柊磨の提案を受け入れる様子も。

また、純が部屋で大津と二人きりになり、目をつぶる純に大津が顔を近づける姿も映し出されている。

一方で、ドレスを着た響子に夫が「なんかすごいね…若作りで…」と冷めた言葉を掛ける中、要が「ドレス、似合ってますよ」と褒める場面などもあり、アリサと克巳も含めた3組の恋がそれぞれ動きはじめる。

「恋なんて、本気でやってどうするの?」第2話は、4月25日(月)夜10:00からフジテレビ系で放送。