世界を席巻するボーイズグループENHYPEN、デビュー前に「NHK紅白歌合戦」出場を決めたNiziU、日本のヒットソングチャートを席巻するJO1やBE:FIRST、デビューシングルが初登場1位&初週ハーフミリオンを記録したINI…。今、日本国内外を沸かせる人気アイドルグループたち。彼らの共通点は“オーディション番組”出身であることだ。

日本国内でも1970年代の「スター誕生」や1980年代の「夕やけニャンニャン」など歴史を刻んできた“オーディション番組”というジャンル。2020年代に入ってから、その勢いがあらためて強まってきている。

K-POP人気の世界的な高まりの中で2020年に「I-LAND」(ABEMA)が放送され、日本人メンバーNI-KIが所属するENHYPENがデビュー。日本国内でも「Nizi Project」(Hulu)からNiziUが生まれたほか、韓国の人気番組の日本版「PRODUCE 101 JAPAN」(GYAO!)からは2020年にJO1が、2021年にINIが誕生した。また、日韓中3か国から人材を発掘した「Girls Planet999」(ABEMA)からはガールズグループ・Kep1er(ケプラー)がデビューした。

これらはK-POPを生み出す韓国音楽業界のノウハウを基にしている一方で、2021年にはSKY-HIが中心となって日本発のオーディション番組「THE FIRST」(Hulu)が制作され、THE FIRSTも誕生した。そんな中、2022年に放送やその準備がされている新たなオーディション番組は?

■驚異的反響!注目番組「THE ORIGIN」

すでに放送中なのが「THE ORIGIN - A,B, Or What!?」(毎週土曜昼5:00〜、K WORLDチャンネル、ABEMA SPECIAL2チャンネルにて日韓同時配信)。カカオエンターテインメントとソニー・ミュージックソリューションズがタッグを組んで手掛ける日韓合作のサバイバル・オーディション番組で、13人の練習生がグローバルボーイズグループとしてデビューすべく衝突する。

観客による投票と、豪華審査員による審査が行われ、審査員にはGOT7のリーダーのJAY B、元2NE1のMINZY、INFINITEのリーダー・ソンギュ、韓国を代表するダンスチームJust Jerkといった顔ぶれが並ぶ。放送開始に先立ち2月14日にYouTubeで公開された練習生たちのダンス映像が2日間で1,000万回再生を突破するなど、注目度もピカイチだ。

■この春スタート!注目新番組「青春スター」

5月19日(木)からは新番組「青春スター」(毎週木曜夜9:30-11:30、ABEMA SPECIAL2チャンネルにて日韓同時、国内独占無料放送)がスタートする。ABEMAと「CHANNEL A」による世界規模の日韓男女グローバルオーディションプロジェクトで、世界中から応募があったなかから厳選された、グローバルK-POPアーティストを目指す男女総勢108名が「アイドル」「ボーカル」「シンガーソングライター」の3部門で頂点を目指す。

番組で最終的に勝ち残った参加者には日本の大手レコード会社からのデビューも予定されている。“スペシャルエンジェル”のパク・ジョンヒョンをはじめとした豪華エンジェルミュージシャン陣も番組を盛り上げる。

オーディション番組のだいご味である“世界を舞台に活躍するスターが誕生する瞬間”、そして参加者たちによる完成度の高い迫力あるステージパフォーマンスはもちろん、挫折や葛藤、メンバー同士の友情など、参加者たちの成長過程もリアルに描くプロジェクトとして期待を集めている。

■他にも続々!2022年内に計画中の注目オーディション番組

ほかにも、注目番組が続々と待機する。日本テレビ・Huluでは7月から、「&AUDITION - The Howling -」と名付けたオーディション番組を放送する計画だ。「I-LAND」に出演していた日本人のK(ケイ)とTAKI(タキ)、台湾出身のNICHOLAS、韓国出身のEJというグローバルな顔ぶれに、今回のオーディションで発掘する追加メンバーを合流させ、日本発のグローバルボーイズグループとしてデビューを目指す。

テレビ東京系で放送中の「〜夢のオーディションバラエティー〜Dreamer Z」(毎週日曜夜9:00-9:54)では、LDH史上最大規模の大型オーディション「iCON Z 〜Dreams For Children」ガールズグループ部門のオーディションの様子に密着、その過程を見守っている。

さらに、人気番組の第2弾となる「Nizi Project Season2」や「I-LAND2」、「Girls Planet999」のボーイズ版である「Boys Planet」も2022年度中の放送を目指していることをそれぞれ公表済み。X JAPANのYOSHIKIがプロデュースを務め、日本テレビとタッグを組んで世界規格のボーイズグループとバンドのデビューを目指すオーディション番組「YOSHIKI SUPBERSTAR PROJECT X」も5月20日まで参加者を受付中で、今後のスケジュール発表が待たれている。

運営側からしても、オーディション番組によるアイドルグループのプロデュースは、デビュー時にすでに大きなファンダムを形成できる点で実に魅力的。成功例も続々と生まれ、その勢いはまだまだ続くだろう。日本で、そして世界で大きなうねりを生み出し続ける2020年代オーディション番組の新潮流。その動向から目が離せない。