4月23日(土)放送の「新しいカギ2時間SP」(夜7:00-9:00、フジテレビ系)に、なにわ男子・西畑大吾、大西流星、長尾謙杜が登場。番組から誕生した新人アイドル・はこね男子(松尾駿、せいや、岡部大)と「はこね男子プレゼンツ・箱根ソープウェイ選手権」で対決する。収録後には、なにわ男子の3人が対戦を振り返り、はこね男子へのリスペクトも明かした。

■パクリ騒動に決着をつける

「箱根ソープウェイ選手権」は、チームメートを乗せた巨大なソープを滑らせて、およそ13m先にある的の中心を目指す“人間カーリングゲーム”。ただし、滑らせすぎると、その先にある熱々の温泉に落下してしまう。頭脳と体力、そして互いの信頼が試されるゲームだ。

4月16日の放送で初共演を果たしたはこね男子となにわ男子。互いに「パクってる!」「俺たちが本物だ!」と譲らなかった両者が、人間カーリングで決着をつける。トップバッターのはこね男子・強羅駿(松尾)は「箱根駅伝の復路で、一番最初に走っていく感じで」と作戦を明かすと、なにわ男子・長尾は「この道は御堂筋みたいなもの。人混みを縫うように、ベストの位置を狙いたい」とご当地トークで対抗する。

また、「ワイドナショー」チームとして、JP、シソンヌ・長谷川忍、原口あきまさが初登場。JPが松本人志、原口が東野幸司の物まねを披露し、「『ワイドナショー』を見ているみたい!」「めっちゃ言いそう!」とスタジオは笑いに包まれる。そんな中、「あれ? 長谷川さんは何役?」とツッコまれる長谷川にも物まねのむちゃ振りが。

■「大阪のことをめちゃめちゃ調べました(笑)」

収録後、なにわ男子の3人は、豪華なセットを目にしたときの感動を口に。そして、西畑は「はこね男子さんは箱根の知識が豊富で、ネタにしっかりつなげていて、勉強になるところが多かったです」と振り返り、「僕らなにわ男子ですけど、なにわ感が足りないなぁと思って、本番前にみんなで大阪のことをめちゃめちゃ調べました(笑)。実は尊敬しています」と明かした。

■人気アニメ&月9ドラマをパロディー

さらに、人気作品のパロディー企画も登場。テレビアニメ「おそ松さん」のパロディー「ココなら絶対にコレでしょ! おそろい松さん」は、新しいカギメンバーが誰かと“おそろい”にすることが大好きな7つ子を演じ、人気チェーン店の食べたいものが“おそろい”になれば食べられるというゲーム企画。初回には、名前の“松”が“おそろい”の俳優・松下奈緒が登場する。

また、ドラマ「元彼の遺言状」のパロディー「元カレの遺言状」は、殺された“元カレ”から遺言状を預かった菊田竜大とヒコロヒーが、長田庄平、松尾、粗品、せいや、秋山寛貴、岡部の6人にお題を出していく大喜利方式のゲームコント。「全財産は僕を殺した犯人に相続させる。犯人はとにかく面白い人だった」と書かれていた遺言状に従い、一番面白い人=犯人=相続人を特定する。笑わせることができれば候補として生き残り、スベった人は暗い穴に落とされ即退場となる。

■西畑大吾、大西流星、長尾謙杜コメント

――「箱根ソープウェイ選手権」の収録はいかがでしたか?

全員:楽しかった〜!

西畑:僕はスタジオに入って感動しました。豪華なセットに「うぁ〜バラエティー番組や!」と。「とんねるずのみなさんのおかげでした」や「めちゃ×2イケてるッ!」とか、自分が見ていたテレビの世界に入ったような感覚でした。

長尾:それ、僕もめっちゃ感じた! 「テレビで見ていたやつや〜」と感動しました。

大西:令和の時代には珍しい、「新しいカギ」さん、フジテレビさんならではのセットで収録させていただいてうれしかったです。

西畑:はこね男子さんとは“対決”ですが、実際は勉強になるところが多かったです。はこね男子さんは箱根の知識が豊富で、ネタにしっかりつなげていて。僕らなにわ男子ですけど、なにわ感が足りないなぁと思って、本番前にみんなで大阪のことをめちゃめちゃ調べました(笑)。実は尊敬しています。

大西:はこね男子さんの地元愛を感じたね。松尾さんが箱根親善大使を務められていると聞いて、僕らより背負っているなと…。

長尾:僕らは大阪の観光大使になってないもんな! いつかやれたらいいな。

西畑:そうだね! 僕らも団体芸を作って、次回出演させていただく時にはもっとなにわ感で対抗していけるようにしたいです。