元MBLAQのイ・ジュンが主演を務める韓国ドラマ「最愛の敵〜王たる宿命〜」が、ディズニー公式動画配信サービスDisney+(ディズニープラス)のコンテンツブランド「スター」にて、5月2日(月)夜11時より独占配信することが決定した(全16話/毎週月・火に1話ずつ配信予定)。また、日本語版ポスタービジュアルと予告編動画も解禁された。

同作は、激しい権力争いに巻き込まれた恋人たちが、政敵へと変貌し、王宮内のベールに包まれた確執の中で繰り広げる、壮絶な物語と切ない運命が描かれる政治ロマンスドラマ。時は1506年。朝鮮の王となり、絶対王政を夢見るイ・テ(イ・ジュン)は、高貴な家柄の娘ユ・ジョン(カン・ハンナ)と出会い、互いに引かれ合っていく。自分の目的のためなら手段を選ばないイ・テはユ・ジョンを自分の妃にすることを考えていたものの、その影響で彼女の家族は王宮の権力闘争に巻き込まれていく。

思いとは裏腹に、愛するユ・ジョンを捨てなければ生き残れない王、イ・テと、命を守るために王妃になるしかないユ・ジョン。朝鮮王朝を舞台に、政敵として互いに剣を抜き合うイ・テとユ・ジョンを中心に繰り広げられる血みどろのロマンスが描かれる。

■美しく切ない2人…日本語版ポスター&予告編動画解禁

また、今回解禁となったのは、イ・テとユ・ジョンが背を向け合い、切ない表情と強いまなざしでこちらを見つめる様子が印象的な日本語版ポスタービジュアル。“向き合うことのできない悲しい運命が始まったー”というキャッチからも、政敵と恋心の狭間で権力と政治に翻弄(ほんろう)されていく2人の運命を予感させる。

予告編では、過去と現在の映像が入り交じり、炎に包まれる宮廷、遺体の山など、激しい戦いの様子が映し出される。「君も生きよ。苦闘を耐え、生き抜け」という力強いメッセージ、そして最後には、イ・テとユ・ジョンが見つめ合いほほ笑む姿と対照的に「私のせいで没落した。我が妃よ」という悲しみのあふれるナレーションが。生き残りをかけた熾烈(しれつ)な権力争いの行方と愛の物語が描かれる。