小栗旬が主演を務める大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)の第17回「助命と宿命」が5月1日(日)に放送される。

三谷幸喜が脚本を務める同ドラマは、源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男・北条義時(小栗)と、そんな彼を中心に鎌倉幕府将軍“鎌倉殿”を支えた13人の家臣団の姿を描く。

「鎌倉殿の13人」は、義時がまだ何者でもない平凡な伊豆の若武者の時代からスタート。のちの鎌倉幕府初代将軍・源頼朝を大泉洋が、義時の姉で頼朝の正室・北条政子を小池栄子が、義時の父・北条時政を坂東彌十郎が演じる他、時政の後妻・りくを宮沢りえが、義時と同年代の若武者・畠山重忠を中川大志が演じる。

また、義時の初恋の相手である八重として新垣結衣が、頼朝の弟・義経として菅田将暉が出演し、山本耕史、中村獅童、佐藤二朗、鈴木京香、西田敏行らも出演。語りを長澤まさみが務める。

第17回「助命と宿命」では――

源義経(菅田)の軍略がさえわたり連勝に沸く鎌倉方。しかし、木曽義仲(青木崇高)の討伐により鎌倉に再び暗雲が立ち込める。義仲の嫡男・義高(市川染五郎)を危険視する頼朝(大泉)は、戦勝報告のため範頼(迫田孝也)と共に鎌倉へ戻っていた義時に義高の処断を命令。

大姫(落井実結子)を思う政子(小池)は憤り、義高(染五郎)を救うため奔走する。一方、頼朝に試された義時は八重(新垣)ら家族を思う。

――という物語が描かれる。

公式ホームページの予告動画は、頼朝が義時に「義高を討て」と命令を下すシーンからスタート。そして義高もまた、義時と政子に対し「鎌倉殿を決して許しはしない」と語る。頼朝は、義高の処遇に反対する政子に対して、義高の恨みが息子の万寿に降りかかると告げる。

一方、義高を慕う大姫(落井)は、実衣(宮澤エマ)と共に政子らの元にやって来る。そして、小さなナイフを手に持ち、義高を助けてほしいと懇願する。

さらに、息子の金剛を抱える義時の姿や、義時に寄り添う八重の姿も。また、義高と楽しそうに遊ぶ大姫の姿も見られる。