二宮和也が主演を務める日曜劇場「マイファミリー」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系)の第4話が、5月1日(日)に放送となる。同作は、まな娘を誘拐されてしまった主人公・鳴沢温人(二宮)が警察の力を借りることなく、妻・未知留(多部未華子)と協力して誘拐犯と戦う姿を描く“ノンストップファミリーエンターテインメント”。このたび、新米刑事・梅木司を演じる那須雄登(美 少年)のインタビューコメントが到着。事務所の先輩である二宮との交流や、最も印象に残っているシーンなどについて明かした。

脚本は「グランメゾン東京」(2019年)、「危険なビーナス」(2020年)、「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」(2021年)など、数々のTBSドラマを手掛けた黒岩勉氏が担当。また、Disney+(ディズニープラス)で世界配信もされる。

那須が演じる梅木は、神奈川県警捜査一課特殊犯罪対策係・巡査。鳴沢家の誘拐事件を担当しており、数々の現場で実績を挙げてきた葛城(玉木宏)と行動を共にしているという役どころだ。

■演技を見返すたびに「反省点がどんどん出てきます」

――放送がスタートして、美 少年のメンバーをはじめ、周りからの反響はいかがですか?

家族はもちろん見てくれていて、第2話の放送は家でみんなで見ました。家族はやっぱり犯人が気になるみたいです。僕も(結末については)まだ本当に知らないので、一緒に「誰なんだろうね」と考えながら見ています。メンバーからも「梅木のシーン見たよ」などいっぱい言ってもらえて、すごくうれしいです。

――ご自身の演技をご覧になった感想は?

何回も見直しているのですが、「もっとこうしたい」「こうすればよかった」など反省点がどんどん出てきます。共演者の方がすごい方ばかりなので、何度見ても細かいところなど勉強になります。

――今作で演じる梅木はどのようなキャラクターですか?

仕事への熱量はあるのですが、少し空回りしていたり、どこか空気を読めないところがあります。話し方も語尾が「っすね」だったり、今どきの若い男子感が満載です。

友達といるときはそれでもいいと思いますが、玉木さん演じる上司の葛城さんからすると、「もうちょっとしっかりしてもいいんじゃないか」と思われているかもしれません。

■共演シーンの多い玉木は「ベテランの風格がすごかった」

――そんな葛城役の玉木さんと共演した感想を教えてください。

初めての刑事役だったので、撮影が始まる前に監督さんとお話したのですが、「玉木さんの佇まいを見ていればきっと何かつかめるはず」という言葉をいただいたんです。

実際、現場が始まって玉木さんと一緒にお芝居すると、玉木さんが葛城さんとしてそこに存在していらっしゃって。入り方というか、ベテランの風格がすごかったです。僕が今回演じる梅木は新人なので、最初はそんなにしっくりきすぎなくてもいい部分もありますが、今後はいろいろな役を演じたいと思っているので、たくさんスキルを磨いて、場数を踏んでそんな風になりたいです。

――現場の雰囲気はいかがですか?

捜査一課のシーンは緊張感が溢れていますが、撮影の合間はすごく穏やかで、メリハリがある現場です。玉木さんがやられている柔術の話だったり、お互い親交のある岡田准一くんの話をしたり、和気あいあいとした雰囲気で過ごしています。

――先輩の二宮さんと共演されています。

二宮くんは役に入る瞬発力が本当にすごい方だなと。カメラが回っていないときは、いつものバラエティーなどで見るような二宮くんで、明るく現場を回してくださるのですが、本番が始まると、すっと役に入られて。

今回のようにしっかり共演するのは初めてだったので、撮影の合間では「なんでジャニーズに入ったの?」とか、家族構成のこととか、気さくに話しかけてくださいました。

――那須さんから二宮さんに話しかけたりも?

お芝居の話を聞きたいなと思っているのですが、最近なかなか一緒のシーンがないのと、「聞いていいのかな」という気持ちがあって。台本を読んで何をされるかとか、お芝居の細かいノウハウを聞いてみたいです。次にチャンスがあったら聞きに行きたいと思います。

■「梅木らしく成長する姿を作り上げていきたい」

――これまでで印象に残っているシーンを教えてください。

自分は出ていないところですが、第1話で鳴沢夫婦が犯人に電話で誘導されて、坂道を登るとき、お金を運ぶためにベビーカーを出すシーンです。温人は閉じてしまってあったベビーカーをうまく広げられない。その描写だけで温人がこれまで仕事を優先してきたんだろうなというのがギュッと詰まっていて、二宮くんの演技含めて、めちゃくちゃリアルだなと感じました。

――今後の注目ポイントを教えてください。

梅木は、最初は葛城さんや先輩方に引っ張られている感じなのですが、仕事への熱量はあるので、後半は少しずつ葛城さんたちからも認めてもらえるような仕事ぶりを見せたいと思っています。梅木らしく成長する姿を作り上げていきたいので、注目していただけたらと思います。