女性アイドルグループ・まねきケチャの松下玲緒菜が5月2日、都内で開催された写真集「in the seasons」(光文社/税込2970円)の発売イベントに出席。写真集の見どころや、撮影秘話を語った。

■北海道と奄美大島で撮影

真っ赤なワンピース姿で登場した松下は「このワンピースは、メンバーと韓国旅行をしたときに買ったものです。赤担当ということで、赤を着てきました(笑)」とにっこり。

写真集の撮影は北海道と奄美大島で行われ、奄美大島については「マングローブの泥の中に寝っ転がって撮影したので、髪も体も泥だらけになったんですけど、貴重な体験ができました」と振り返る。

一方、北海道での撮影については「雪の中で水着になって撮影したときは、すごく寒かったです(笑)。雪の中でグラビア撮影をするのが夢だったんです。女の子が雪の中で水着ってありえないので、そういうアニメチックなところに引かれて『自分もやってみたいな』と思ってやりました」と明かした。

■見どころは横乳
写真集の見どころを尋ねられると「マングローブで撮影したときはワンピースを着たんですけど、横乳が出る写真だったので、1st写真集とはまた違った大人っぽさを出せたかなって思って気に入っています」と満足げ。

横乳を解禁したのは今回の写真集が初めてとのことで「出すことがないから恥ずかしかったです(笑)。でも、1st写真集より大人っぽくしたかったので、きれいに撮っていただけてうれしいです」と撮影時の心境を明かした。さらに、ファンから多くの反響も寄せられているそうで「『こんなに出してくれるんだ』って喜んでくれました(笑)」と笑顔を見せた。

最後に、写真集の点数を聞かれると「80点! 本当は雪の上に水着で寝っ転がりたかったんですけど、全身霜焼けみたいになっちゃったので無理でした…」と唇をかんで見せた。

◆取材・文=大野代樹