綾瀬はるかが主演を務める月9ドラマ「元彼の遺言状」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)。5月2日放送の第4話では、ミステリー作家を巡る事件が展開した。そんな中、麗子(綾瀬)の事務所で雑用係として働く篠田(大泉洋)が衝撃の一言をつぶやく場面があった。(以下、ネタバレがあります)

■麗子と篠田がミステリー小説家の告白の真相に迫る

同作は、どんな相手に対しても物おじせず、圧倒的な法律知識とハッタリを効かせた話術を武器にする敏腕弁護士・剣持麗子が難事件に挑む“痛快リーガルミステリー”。2021年の第19回「このミステリーがすごい!」(宝島社主催)大賞で大賞受賞の新川帆立による同名小説が原作で、その世界観はそのままにドラマオリジナルのエピソードも描いていく。

第4話は、篠田が敬愛するミステリー小説家・秦野廉(宮田早苗)が13年ぶりに出す最新作の記者会見で「私は、人を殺しました」と告白。秦野が明かした現場に警察が駆けつけると、本当に男性の死体があった。ところが、その男の妻が自首をして…という事件が展開した。

■小説家の殺人教唆が問われることに

麗子が事件を担当することにしたのは、またもすがすがしいほどの“お金”の計算からだった。秦野の小説を出版する予定の出版会社の顧問弁護士を狙ったのだ。一方、ミステリー小説が大好きな篠田は、今回も有名な作品を引き合いに出して推理をしていった。

事件は、秦野は新作原稿を自首した妻に渡し、殺害方法がそこに書かれていたことになぞらえていたことから、殺人教唆になるかが問題に。そこから浮かび上がったのは、小説のリアリティーについてだった。

■篠田は何者なのか?

麗子の鋭い観察力も光って、事件自体は解決した。しかし、麗子の本当の狙いは出版社の顧問弁護士。解決後に出版社を訪れたが、そこで秦野の作品のことを編集者に悪く言われて怒った篠田が勝手に顧問弁護士の契約を断ってしまった。

事務所に戻った麗子は、篠田と口げんかに。そこで、「雑用係の何者でもないでしょ。あんた、一体何者なのよ!」と麗子が言うと、篠田は一瞬黙った後、事務所内の自分のスペースに戻った。

そして、篠田は麗子の元彼・栄治(生田斗真)とかつて秦野の作品について語り合ったことを思い出す。栄治が「大学時代さ、ミステリー研究会の連中に『ホームズやポワロじゃなきゃだめだ』ってバカにされて悔しかったなぁ」と言うと、篠田は「大学のミス研か、楽しそうだなぁ。僕は大学行ってないからさぁ」とつぶやいた。

栄治の大学時代のサークルの先輩と紹介されていた篠田のこのつぶやきは衝撃を呼んだ。振り返れば、篠田には謎めいたところがあった。栄治と同じ大学だった麗子が篠田のことを覚えていなかったのは、麗子が興味をもっていなかったとも思われたが、実はそうではなかったようだ。しかし、本話でも大学時代の麗子について語る場面があったのは、どういうわけなのか。

篠田という人物自体が最大の謎として、今後ますます楽しみになってきた。

次回、第5話は5月9日(月)に放送。麗子は元上司の津々井(浅野和之)に誘われ、投資会社の創立15周年パーティーに出向く。そこには、紗英(関水渚)と一緒にやって来た篠田の姿もあった。そんななか、殺人事件が起きる。

◆文=ザテレビジョンドラマ部