5月15日(日)夜10:00より放送開始となる、“恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれるのか”を描くオリジナル恋愛番組の、シリーズ9作目となる新作「恋愛ドラマな恋がしたい〜Kiss me like a princess〜」(以下、「ドラ恋」)(毎週日曜夜10:00〜、ABEMA SPECIALチャンネル)が、番組公式Instagramにて、新シーズンに出演する女性メンバーのキス顔写真を公開した。

「ドラ恋」では、若手俳優と女優が、毎話、キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様を追いかけていく。番組内の恋愛ドラマで主役を演じられるのは、選ばれた男女ひと組だけで、役を勝ち取るために相手役と稽古を重ねながら、台本に用意されているさまざまなキスシーンを演じていき、その演技から本気の恋へと、一線を越えるキスシーンや、共演することで俳優同士の友情や恋が芽生える様子など、ふだんは見ることができないリアルな舞台裏をのぞくことができる。

新シーズンは、一般視聴者より、若手俳優が演じる恋愛ドラマの原案を、今作では「おとぎ話」をテーマに募集、ドラマ化し、現代の恋愛と“おとぎ話”をかけあわせ、女性にとってのあこがれがたっぷりつまった王道ラブストーリーが見どころとなっている。

番組公式Instagramで公開した、“あざとカワイイ”キス顔の接近ソロ写真では、「ドラ恋」新シーズンに出演する女性メンバーの橋下美好、松川星、白石優愛、上大迫祐希の、青みがかったピンク色のリップを塗ったくちびるに思わずドキッとする、かわいらしいショットになっている。

今回、メイクアップアーティストのイガリシノブが担当した、キービジュアルのヘアメイクで、こだわったポイントとして、以下のようにコメントを寄せている。

また、イガリの公式YouTubeチャンネル「イガリメイク IGARIMAKE」では、「ドラ恋」キービジュアル撮影日の密着映像が公開されており、ふだんから使えるメイクのポイントや、出演メンバーの撮影の裏側を見ることができる。

今回の「ドラ恋」では、主役を懸けて本気で演技と向きあう様子や、限られた時間で育む恋心、そして、俳優と女優が素を見せたときに人間ドラマがおりなされていく。

■イガリシノブコメント

今回のキービジュアルのメイクでこだわったポイントとして、肌の内側から血色感を出すために、ベースメイクにピンク味のあるものを使いました。

肌の柔らかさとふくらみを全面に出した、触りたくなる肌作りにこだわりました。

好きな人にキスしたいと思わせるメイクのコツとして、黒の瞳が澄んだ眼差しに見えるようにしたいです。

そのためには、肌には発光感を、くちびるには色を、ていねいなまゆとほんのりチークで、ミニマムだけど、女の子らしさの残る色あいと雰囲気にするのがポイントです。