3時のヒロインのかなでが登壇した、過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが、自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティー「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(毎月第1〜3金曜夜9:00-9:30、第4金曜テレビ朝日地上波放送終了後〜 ABEMA SPECIALチャンネル)の4月29日の放送では、“悲劇のヒロインを気取って、100回以上、フラれちゃった先生”として、恋愛沼にどハマりした過去や、“妄想恋愛”で犯した数々のしくじりから、恋愛沼にハマりすぎて自分を見失わないための授業を行った。

授業のオープニング、かなで先生は、“同じ人に30回フラれたことがある”と明かし、何度もフラれてしまった原因は“「フラれた私ってかわいそう…」と自分自身に酔いしれる”という、しくじった性格にあると説明し、さっそく生徒たちを驚かせた。

自身を“悲劇のヒロインを気取って、100回以上、フラれちゃった先生”と称した、かなで先生の授業では、“悲劇のヒロイン気取り”でフラれ続けてきた人生をふり返りながら、その経験から学んだ“悲劇のヒロインになりやすい人の特徴&行動”をひも解いていった。

■“悲劇のヒロインを気取って、100回以上、フラれちゃった先生”

授業ではまず、かなで先生の“悲劇のヒロイン気取り”というしくじった考えが誕生した、最初のきっかけからさかのぼっていくと、小学2年生のときに参加したバレエの発表会で、「みんな私を見てるわ!超気持ちいい!」という気持ちが生まれて初めて芽生えたと言い、これをきっかけに“人に常に注目されたい”と思うようになったと、この“注目されたい願望”が、悲劇のヒロインになる人の特徴のひとつであると説明した。

そして、「中学生になって、初めて本格的な恋愛が始まる」「私のことを好きになってくれる人が現れました!」と前置きした先生は、その相手が嵐の二宮和也であると語り、予期せぬ展開に、生徒たちは「こわい、こわい、こわい」「え?どういこと!?」と困惑する。

そこですぐさま「妄想の恋愛です」と続けた先生に、オードリーの若林正恭や、平成ノブシコブシの吉村崇、ハライチの澤部佑から「当たり前じゃないですか!」「言われなくてもわかってる」「俺たちをナメるなよ!」とツッコミが続出する。

さらに、高校生になると“妄想恋愛”がエスカレートし、当時、流行っていた、一般人がウェブ上に投稿するオリジナル小説“ドリーム小説”にハマっていたと明かした先生は、「嵐5人が働いているカフェでアルバイトをすることになり、全員が私を好きになるという設定の小説にハマった」と語った先生に、生徒たちは笑い声をあげていた。

■“悲劇のヒロイン気取り”最終段階

その後、演劇の短大で芝居を学んだのち、21歳で吉本興業の養成所の吉本総合芸能学院(NSC)に入学したかなで先生は、相方探しの会で知りあった男性とコンビを組み、その相方が初めての彼氏となったと打ち明けた。

そして、人生初の彼氏に舞いあがった先生は、「初キスでうれしすぎて2時間キス」「ネタ合わせ中にチューがしたいと泣きわめく」などの“激イタ行動”を連発してしまい、そのどハマりした初彼氏にも、1年半でフラれてしまい、同時にコンビも解散、そこから、フラれまくり人生が加速したという先生は、フラれるたびに“まわりに「フラれた私、かわいそう」アピールをする”“SNSに恋愛ポエムを書く”などの、しくじり行動をとるようになってしまったと打ち明けた。

告白してはフラれ続け、“激イタ行動”をくり返すうちに、“悲劇のヒロイン気取り”の最終段階へと行き着いてしまったかなで先生は、「フラれることが○○になる」と明かした末路に、生徒たちは「信じられない!」と驚かれ、さらに、授業の最後は、かなで先生が自身の経験から学んだ教訓を発表するが、独特な言い回しと、予想外な授業の終わり方に、最後まで教室ではツッコミが飛びかう事態となる。

また、かなで先生の授業では、生徒役の女優の山本舞香が恋愛について語り、「山本さんは悲劇のヒロインタイプですか?」と問われると、「引きずるタイプではありますね」との回答に、教室では「意外」と驚く声が上がり、そんな周囲の反応に照れながらも、山本は「すぐに切り替えはできないです。引きずっちゃうし、インスタとか急にあげなくなったりします」と打ち明けた。その山本に、かなで先生は「悲劇のヒロインだ!仲間ですね!」と嬉々とした表情を浮かべていた。

加えて、同じく生徒役の元AKB48の峯岸みなみやタレントの櫻井音乃の恋愛感、かなで先生の初彼氏との衝撃エピソードなど、爆笑シーン満載の内容となった。