ニューヨークの嶋佐和也と屋敷裕政がMCを務める、“オトコ”と“オンナ”のリアルを射ぬく恋愛バラエティ番組「ニューヨーク恋愛市場」(毎週火曜夜11:00-11:45、ABEMA SPECIALチャンネル)の #27が、ABEMA SPECIALチャンネルにて5月3日に放送され、セクシー女優の小島みなみと、キュウのぴろと清水誠をスタジオゲストに迎え、「『ニューヨーク恋愛市場』は、いろいろな企画をやってる。良いのを考えてきたので、僕らが考えた企画もやってもらいたい」と語る、キュウの持ち込み企画、4組のプレゼンターが考案したオリジナル恋愛企画を発表する「僕らの恋愛市場プレゼン」を行った。

■「僕らの恋愛市場プレゼン」

さっそく、今回の企画発案者であるぴろからプレゼンテーションがスタートし、「僕はけっこう“M”のほうで。SMグッズをDIYする。セルフSM用のグッズを作って、ひとりで試してる」と明かし、「理想の相手に今まで出会ったことなくて。それを探したい」と、自らが考案した企画によって「理想のパートナーを見つけたい」と真意を語った。

そこでぴろが発表したのは、「“M男性”に出会えるアミューズメントパークを作ろう」で、これに小島が「楽しそう〜!めっちゃ良い」と興奮の声をあげるなか、具体案として、クレーンゲームのなかに“M男性”が入り、ボタンで操作された針が触れると微量の電流が走る、というアトラクションを紹介し、「(アトラクションを)無料にするかは迷うところ。お金を入れることで、(“M男性”が)機械そのものになる。人権を感じないじゃないですか」などと熱弁するぴろだったが、屋敷は「てかさ、この番組、見たことねえだろ。ぜんぜん(恋愛企画と)ちゃうやん」と痛烈にツッコむ。それでも、ぴろは「実現させたいな…」と切実な一言をこぼしていた。

そのぴろによる“M男性に出会えるアミューズメントパーク”を「見たい」か「保留」の札でジャッジする判定では、ニューヨークのふたりと、小島が全員「見たい」と判定し、さんざんツッコミを入れていた屋敷は、「明日にでも見たい」「次の90分スペシャルは、これ1本で」とまさかの高評価を与える。渾身の企画案を披露したぴろは、「最近、考えた漫才のネタとか、いろんなことを含めて、いちばん最近良いこと思いついたと思ったのがこれ」と明かした。

■Tバックを愛するまいてぃ

また、「本当にTバックが大好きで、Tバックのメリットをいろんな人に知ってもらいたい」という信念を掲げ、プレゼンに参加したグラビアアイドルのまいてぃは、「笑ってコレはいて!日本全国Tバックの旅」と題したオリジナル企画では、「Tバックを投げて、落ちたかたちに似た都道府県に行く」との説明に、芸人たちは「めちゃくちゃ良い」「おもしろすぎる」「すばらしい!」と絶賛した。

さらには、Tバックを愛するまいてぃが語った“Tバックのメリット”にも、男性陣は興味津々で、スタジオは終始、大盛りあがりとなった。

加えて、コットンの西村真二が「とっておきのを持ってきました」と自信満々でプレゼンした企画「玄関先での“カッコイイ5分の過ごし方”王」や、屋敷が「エロいことしただけやん!」と思わずツッコミを入れた、ぱぴよんぼういず考案の企画「ラッキースケベに耐えて照れずに1日を過ごせ!」など、全4組の渾身のオリジナル企画の発表に、ニューヨークは期待を寄せる一方、斬新な企画の数々に懸念さものぞかせていた。