5月7日(土)に放送される「マツコ会議」(毎週土曜夜11:00-11:30、日本テレビ系)に、ちゃんみなが出演。その素顔をマツコデラックスが深掘りする。

2017年にメジャーデビューし、昨年10月には23歳にして日本武道館でワンマンライブを成功させた、シンガーソングライターのちゃんみな。デビュー当時に受けた容姿に対する中傷と賛美の経験を基に作った楽曲「美人」では、ミュージックビデオが公開からわずか5日間で100万回再生を突破した。

楽曲制作はもちろん、振り付けやライブでのパフォーマンスなど全てセルフプロデュースという彼女の魅力をファンに尋ねると、「実体験に基づいた歌詞に救われる」という。

■マツコ「アタシたち言われても仕方がないことはやってんのよ」

そんなちゃんみなに対して、マツコは開口一番「第一声でこれはどうかと思うんだけどね、体がいい」とコメント。スタジオの笑いを誘いながらも、「違うのよ! ちょっとぽっちゃりとかぐらいのエロティシズムというかさ、いろんな人がいて、いろんな綺麗さがあるっていうのを、ちゃんとやってくれている日本人っていないからさ。パフォーマンスも含めて世の中に対して闘っている感じが見えるのが、すごいアタシ好きなの、この人」と大絶賛する。

「いろんなことを言われやすいタイプだと思うんですけど、見た目的にも」と自身について話すちゃんみなに対して、マツコは「まぁそうね、これはアタシも含めてなんだけど、アタシたち言われても仕方がないことはやってんのよ」と、お互い自覚しながらも独自のスタイルを貫く者同士として、「そうそうそう!」と意気投合する。

■マツコの理想の“幸せのカタチ“とは?

マツコが「申し訳ないんだけど、つまらないんだよね。日本の“きれい”とか“かわいい”って」と切り出し、話は「美」に対する二人の価値観へと展開。

一方ちゃんみなは、マツコに聞いてみたかったこととして「理想の幸せのカタチ」を挙げる。「今私は形成中なんですけど…」と前置きし、理想的な暮らしの例として結婚や出産といった選択をする人が多い中で「そこに自分がそぐわないって感じるタイミングがここ最近なぜか多くて、人によって“幸せのカタチ”ってあるなってすごく感じていて。マツコさんが思う“幸せ”ってどんなものなのか気になりました」と質問。

マツコが「偉そうなことを言う資格はアタシにはないんだけど、究極、幸福ってなんだって言われたら、他者を介在させずに喜びを得ること」と語り始めると、ちゃんみなは「すごい。めちゃくちゃ納得しました」とうなずいた。