ジャニーズWEST・重岡大毅が、7月8日(金)スタートの「雪女と蟹を食う」(毎週金曜深夜0:12-0:52、テレビ東京系)に主演する。本作は、Gino0808による同名漫画を実写化したサスペンスフルなラブストーリー。テレビ東京ドラマ初主演となる重岡は、冤罪により人生が狂い自殺を決意した男・北に扮し、雪女を彷彿とさせるような美しさの謎多きセレブな人妻・雪枝彩女を入山法子が演じる。

自殺を図ろうとしていた北はテレビ番組を見て、人生で一度も食べたことがなかった蟹を、北海道で食べてから死のうと思いつく。金がなかった北は裕福そうな人妻の後をつけて襲い掛かるが、彼女は「乱暴さえしなければお金も性的欲求も満たして差し上げる」と告げる。あまりにも浮世離れした態度と美しさに圧倒され、北が「死ぬ前に北海道で蟹を食べるために強盗に入った」と事情を話すと、「いいですね、蟹。私も一緒に北海道に行きたい」というまさかの反応。こうして、死を決意した男と謎にまみれたセレブ人妻は奇妙な二人旅に出る。

また、彩女の夫で小説家・雪枝一騎を勝村政信、一騎の担当編集・巡健人を淵上泰史、北と彩女にとってキーパーソンとなる北海道のホステス・マリアを久保田紗友が務める。演出は、「全裸監督」(2019年)や「ミッドナイトスワン」(2020年)で知られる内田英治監督が手掛け、東京、日光、会津若松、青森、函館、札幌など各地で撮影を行い、原作のロードムービーを忠実に再現する。

■重岡大毅コメント

――本作の出演オファーを受けた時の感想、原作や台本を読んでみての感想は?

死にに行く話であるとか、彩女との深いシーンであるとか、今までやったことがないテーマなので、チャレンジしなさいってことだなと思いましたし、こうやって僕にオファーをしてくださったということだから、腹決めていかないといけないと思いました。

――テレビ東京のドラマ初主演となりますが、お気持ちをお聞かせください。

テレビ東京さんは、グループとしても以前から挑戦的な企画をやらせてくれていて、今回の「雪女と蟹を食う」もドラマとしては珍しい撮り方をしているし、チャレンジさせてくれています。僕は、そういうチャレンジって結構好きなので、本当にありがたいし、うれしいです。「一緒にやりましょうテレビ東京さん!」って感じです。

――演じる役どころの印象は?

死のうと思うくらいなので、すごくつらくて、大変で、どん底なんだろうなと思います。自分はそこまでどん底になった経験がないので、どうアプローチしていこうかなというのはすごく考えました。撮影も始まりましたが、自分なりに手応えはあります。

――撮影に向けての意気込みをお願いします。

中途半端なことはしたくないので、自分がやれるだけやったなという状態でクランクアップできるように積み重ねていきたいと思います。そのためにまず、怪我なく元気で。そして、この現場で吸い尽くせるところは全部吸い尽くしたろうかなと思っています!

――視聴者の皆さんへメッセージをお願いします。

エッジの効いたドラマになっていると思います。見慣れた感じのドラマではないと思う。特別なドラマって見たくないですか?(笑)皆さんも日々チャレンジしていると思いますけど、同じ時代に生きている人間がチャレンジしている姿、見てみてください。よろしくお願いします。

■入山法子コメント

――本作の出演オファーを受けた時の感想、原作や台本を読んでみての感想は?

毎クール楽しみにしている「ドラマ24枠」、内田監督で、と伺った時点で、原作や準備稿を拝読せずともやりたいと思いました。漫画には漫画の、ドラマにはドラマの魅力があり、共通して流れている文学的な香りや、過去に囚われてしまう人の葛藤、誰かを労り慈しむ気持ち、また大きなテーマである死生観というものは、今、多くの方に響くものだと思いました。

――演じる役どころの印象は?

いつもは、人生に寄り添ったり感情を受け入れたりすることで演じる役の人となりを手繰り寄せますが、彩女はとても掴みどころのない人にみえるかもしれません。私自身も、彩女の強い思いや、ふと見えるゆらぎに振り回されながら、彼女の人生と向き合っているからです。北さんや彩女と共に、旅を通して、他者を理解し、見てくださる方にも、そんな気持ちを促せるようなキャラクターになればと思っています。

――撮影への意気込み、視聴者の皆さんへメッセージをお願いします。

実際にその場所の空気を感じながらの撮影はとても贅沢だと思いますし、ありがたいです。いい人、いい空気、おいしいごはんをたくさん注入して、彩女のいう大人の夏休みを過ごしたいと思います。精一杯、務めさせていただきます。このドラマが、あなたの生きる力になりますように。

■松本拓プロデューサーコメント

約二年前、この原作と出会った時、今テレビ東京で映像化すべき恋愛ドラマはこれだと確信しました。テーマは「死生観」です。言葉で表現するのが難しいこの原作の面白さは、実写ドラマの台本にしていくハードルがとても高かったですが、今撮影をしていて非常に手応えを感じています。人が生きる意味、そして人の温かみを感じていただける作品に仕上がっていくと思いますし、「生」と「死」という人間の普遍的な要素を表現しながらも、その世界観はとても現代的なものになっていくはずです。

なにより、重岡さん、入山さんはじめ、役者の皆さんがとてもすてきで、作品を愛し、作品に入り込んでいただいているのが、現場で強く感じられます。そして、長年ご一緒したかった内田英治監督の感性がそこに融合され、間違いなく今まで見たことのない、斬新かつとても不思議なドラマができあがると思います。原作を託してくださったGino0808先生、講談社の皆さま、そしてこの企画に集まってくださった、全ての役者スタッフの皆さまへの感謝を忘れずに、最後まで思いを込めて制作に臨んでいきます。ぜひご覧ください。