公開中の映画「死刑にいたる病」の公開記念舞台あいさつが5月7日、東京・新宿バルト9で行われ、阿部サダヲ、岡田健史、岩田剛典(EXILE、三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が、監督を務めた白石和彌と共に登壇した。

本作は、櫛木理宇の小説を阿部と岡田のW主演で実写映画化したもの。行方不明になっている少年少女24人の殺人容疑で逮捕された榛村大和(阿部)は、そのうち9件で立件・起訴され、第一審では死刑を求刑された。しかし、ある1件の事件のみ“冤罪”を主張し、面識のある大学生・筧雅也(岡田)に冤罪証明を依頼する。

■岡田健史「今までにないくらい褒められてます(笑)」

完成した作品を見た感想を聞かれた阿部は、「単純に面白かったですね。撮影の時に“面会室のシーンとか、どうやってできるんだろう?”って思っていたのが、“こういうふうになったんだ”って、監督のアイデアがいろいろ盛り込まれていました」と答え、「“面白かった”“もう一回見てみたい”っていう人もいますし、“ポップコーン、途中から食べられなかった”っていう人も」と、周囲の反響も伝えた。

岡田は「僕自身の思いですが、初めて自分の芝居を面白いというか、純粋に“この作品を見てほしいな”って思えた作品でした。それが試写で見た時の印象で、一人でも多くの方、特に僕と同じ世代の方々に見てほしいです」と同世代にアピール。周囲からの評判も良く、「今までにないくらい褒められてます(笑)」と笑顔で答えた。

また、白石監督から「みんな同じタイミングで(試写を)見て、出てきた時にどんよりして、“大変なものを見ちゃったね”って井戸端会議みたいに立ち尽くしていたのをよく覚えています。岡田さんは同じ日に、2回目、3回目と続けて見られてて、“見るたびに面白くなってきました”と言っていたので、中毒性のある映画なのかな」と暴露された岡田は「かなりヘビーな作品ではあるんですけど、見るたびにツボが違うというか、面白い作品です」と答えていた。

■岩田剛典「長髪にすると意外と母親の面影があるなって」

長髪で顔の半分が隠れている謎の男・金山を演じた岩田は、「今日はロン毛から一新して、バッサリ切ってきました(笑)。エンドロールを見て、『あれ?岩田いたっけ?』って言われてるそうです」と、いつもと違う雰囲気のキャラのハマり具合を嬉しそうに報告。

「これだけ長髪の役はないので、初挑戦というか新しいチャレンジだったんですけど、白石監督は普段、僕のことをどう見ていたのかな?(笑)」と疑問をぶつけると、白石監督は「普段はもちろんスーパースターでかっこいい方だなって思っています。岩田さんのお芝居をしている姿を見ていると、どんな役でもできるだろうなと思いましたし、微妙なラインの上を歩かなければいけない難しい役なので、思い切ってお願いしました」とオファーした経緯を明かした。

長髪の役にチャレンジした岩田は、「僕、顔が母親似なんですよ。なので、長髪にすると意外と母親の面影があるなって。ちょっと目覚めそうになりました(笑)」と、自身の長髪姿を振り返った。

■阿部サダヲ「いろんな方が見て楽しんでいただける映画」

そして、最後のあいさつにて「この映画が公開されて、本当に嬉しく思っております。撮影はコロナ禍の真っ只中でしたが、実はオファーいただいたのは何年も前でした。そこから、撮影自体が延期になったり、いろんなことがありまして、本当に公開されるのかな?って自分の中でも不安だった部分があったんですが、これだけたくさんの方に映画館に来ていただいていることが本当に感慨深いです」と語った岩田。

続けて「チーム一丸となって作った作品で、自信作にもなっていますし、面白くご覧いただけると思います。“面白かったな”って思った方は、背中を押していただけれればと思います」とファンへメッセージを送った。

岡田は「朝早くからありがとうございました。朝早くから見る映画じゃないかもしれないですけど(笑)、僕自身、すごく思い入れのある作品になりました。自分の芝居のクオリティ、関わってくださった方々の人格も含め、この映画を大事にこの身に宿していきたいと思っています。何度も観ていただいて、重い映画ですが、ちょっとでも皆さんの人生に刻まれたら幸いです」と、本作への自信がうかがえるコメントを伝えた。

そして阿部は、「劇場の中ではおしゃべりすることもなかなかできないと思いますけど、友達と“あそこ、どうだったんだろう?”とか、喋りたいこといっぱいありますよね。終わってから話せる映画って面白い作品だと思うので、ぜひ皆さんもいろんな方にお話ししていただきたいです。昨日、僕もこの映画館で観てたんですけど、年齢の幅も広くて、いろんな方が見て楽しんでいただける映画だと思いましたので、よろしくお願いします」というメッセージで舞台あいさつを締めくくった。

◆取材・文=田中隆信