AKB48の大盛真歩、小栗有以、行天優莉奈、倉野尾成美、込山榛香、坂口渚沙、鈴木優香(2021年9月に卒業)、武藤十夢が出演し、2021年9月に公開された映画「未成仏百物語〜AKB48 異界への灯火寺〜」のDVD発売記念イベントが、5月7日に都内で開催され、AKB48の込山、坂口、行天がトークショー&お渡し会に参加した。

本作は、ちまたに溢れている不可解な出来事やミステリアスな世界、心霊現象などを成仏させる怪談エンターテインメント作品。2022年1月にDVD化され、本イベントは2月に行われる予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期となっていた。イベントの合間に3人に話を聞いた。

■行天優莉奈「現地は怖いけど、怯える表情(の芝居)は無理」

3人に「もし続編があったら?」という質問をしてみると、坂口は「行天がやったような心霊スポット体験ツアーを海外でやってみたいです! ゴーストホテルに興味があって、最近いろいろ特集でも組まれてたりするので、コロナとかの影響が大丈夫だったら海外に行きたいです。日本の心霊スポットとはまた違った雰囲気だと思うので」と、かなり乗り気な様子を見せる。

行天は「続編ですか。呼ばれたら頑張ります(笑)。今回みたいに現地に行くのは怖いんですけど、ドラマパートも難しそうだなって思うんです。ドラマパートのメンバーの演技を見ていたら、すごく自然な感じでやっていてすごいなぁって思ったんですけど、怯える表情とか、私には無理なんじゃないかなって。現地での撮影だと、何も演じてないガチの素のリアクションですからね(笑)」と、どちらがいいのか決められないと回答。

込山は「ドラマパートがいいです!」と即答し、「今回の映画のお話をいただいた時、ドラマパートに出演すると聞いて、『他のメンバーはどんな内容なんですか?』って言ったら、実際に事故物件や心霊スポットに行ったというのを教えてくれて、『ドラマでよかった!』ってガッツポーズしちゃいました(笑)。めっちゃ信じちゃうタイプなので、現地に行くのはちょっと…。家で金縛りにあったりもするので本当に無理なんです。23歳なんですけど、今でもお母さんと寝てるぐらい怖がりです。」と語った。

■DVDには込山榛香の“本当にあった怖い話”を収録

1月にDVDの販売は開始されているが、待望のイベントが開催されたということで、改めて本作の見どころも聞いてみた。

込山は「メンバーそれぞれが頑張っているので、まだ見てない方にもぜひ見ていただきたいです。あと、DVDには本編に入らなかった私の本当にあった怖い話が収録されています。撮影の時、『実は私、こういうことがあったんです』っていう話をしたら、『ぜひ話をしてください』と言われて、映画本編に入る予定だったんですけど、私の身近で起きたガチの怖い話なので、『映画館ではちょっと…』ということで、DVDの特典映像になったんです。こちらもぜひ見てもらいたいです」と、特典映像もアピール。

坂口は「『他のメンバーはこんな感じだったんだ!』って、去年上映される前に見た時、新鮮に感じたのを覚えています。幽霊だけじゃなくて『妖怪?』って思えるものもあったりして、面白い作品になっています。映画館で見たという方も、もう一回じっくり見てほしいです」と感想をまじえてコメント。

最近あった怖い話について聞いてみると、「怖い話じゃないんですけど、占い師さんに『背後にブドウ農家さんと学者さんが憑いてる』って言われました。怖い話じゃなくて、不思議な話ですね(笑)」と笑顔で答えた。

■行天優莉奈が「最近あった怖い話」を明かす

また、行天は「メンバーそれぞれ頑張っているので、まだ見てない方は特典映像もあるので、ぜひDVDで見てもらえたらと思います。私とかなぎとかは、実際に怖い場所に行って撮影しているので、もし霊感のある方が見て『何か感じた』とか、実は編集の方が気付いてないけど何かが映ってたとか、そういう楽しみ方もあるのかなって思います。とにかく、怖いの苦手だけど頑張ったので、ファンの方からお褒めの言葉をいただけたらとうれしいです(笑)」と語った。

霊感は全くないと話していた行天だが、最後に「最近あった怖い話」を聞いてみると、「普段、人の視線とかを感じなくて、ガン見されても気付かないぐらいなんです。でも、家でベッドで寝ていた時、誰かが歩いてきて足元の方から私を見てる気配を感じたんです。すぐにそっちの方を見たんですけど、誰もいなくて…。人の視線とか気配に鈍感な私が初めて感じた“気配”だったのでガチで怖かったです。寝ぼけてただけかも知れないんですけど(笑)」という体験談を聞かせてくれた。

特典映像も収録されたDVD「未成仏百物語〜AKB48 異界への灯火寺〜前編&後編セットBOX」(竹書房/税込6380円)は現在発売中。

◆取材・文=田中隆信