恵比寿マスカッツの新番組「おねうち!!!マスカット」が、5月20日(金)にスタートする(毎週[金]夜11:30-深夜0:00[予定]※初回は20[金]夜10:00-11:00、ABEMA SPECIAL 2)。現役メンバーはもちろん、麻美ゆま、吉沢明歩、川村りか、安藤あいか(第1回)らOGメンバーも登場予定。また、第1回はMCとしておぎやはぎも出演したがさっそく番組を卒業し、第2回以降のMCは大久保、お笑いトリオ・トンツカタン森本晋太郎が務める。収録を終えたメンバーのみひろが、「マッコイさんがいるまでは続けていきたい」など活動への思いや番組の魅力を語ってくれた。

■ケンカ企画では「“テレ東時代”がよみがえってきました」

――スタジオでのこういった収録の形は久々だったと思いますがいかがでしたか?

話題に入っていきたいけど「タイミング逃がした!」みたいなこの感じ。まだまだドキドキしながら収録に臨みました。

特に第2回のケンカ企画、マスカッツらしさが爆発していてやっぱり面白いユニットだなって。“テレ東時代”(テレビ東京で冠番組を放送していた時期)がよみがえってきました。新メンバーの子たちの個性も出てきて、面白さもパワーアップした良い回なので見てほしいですね。

現役メンバーだけじゃなく、初期メンバーも参加してくれているという安心感もありましたね。

■マスカッツは「普通のアイドルでは物足りないなって人」向け?

――「マスカッツらしさ」を改めて聞いてもいいですか?

アイドルでもありますが、マッコイ斉藤さんと一緒に頑張ってるお笑い要素もあって。かわいいだけじゃない、怒ったり笑ったり泣いたり…感情が爆発した女の子の表情が見られるのって他には中々ないと思う。普通のアイドルでは物足りないなって人にはハマってもらえるんじゃないかな。

この魅力を、番組はもちろん、5月25日(水)の10周年ライブに来て感じてほしいです。


■今後は「自分から突き進む人生にしたい」

――みひろさんとしては、マスカッツ以外にも女優業やYouTubeなどいろいろな活動をされていますが、番組タイトルのように“おねうち”だなと思って大事にしていることってありますか?

そうですね…、今までは受け身で働いていたけど、コロナがきっかけで待ってるだけじゃいけないなと。自分から習い事に行ってスキルを上げたり勉強したり、動くように心がけてるんです。そうしてたら今まで以上に楽しいなって思えるようになったし、流れが良くなってきた印象もあります。

自分から突き進む人生にしたいな。やりたいことは口に出したりSNSで発信したりするようにしています。

あとは、メールをすぐ返す!とりあえず「考えるので待ってください」とか、自分の意見があれば「こういうことやりたいです」って。返事を待たされるつらさってあるじゃないですか。そういうスタッフさん側の気持ちも感じたことがあって、改めて意識するようになりました。

――最年長新人として、“おねうち!!!”なマスカッツをいつまで続けられる予定でしょうか

うーん、マッコイさんがいるまでは続けていきたいですね!(笑)

■番組概要

伝説の深夜バラエティー「おねマス」の系譜を継ぐ最新作。恵比寿マスカッツの冠番組「おねうち!!!マスカット」と題して、オアシズの大久保佳代子とおぎやはぎらとともに復活。

初回は1時間SPとして放送する。恵比寿マスカッツ現役メンバーとOGが入り乱れて女の本性むき出しのぶつかり合いが勃発。さらにおぎやはぎの重大発表でスタジオが騒然となる。