上質な翻訳劇を日本に紹介することを目的に2018年から作品を発表しているユニット“SHY BOYプロデュース”の第4弾公演「キャッシュ・オン・デリバリー」が、5月20日に名古屋・ウインクあいち大ホールで初日を迎え、公演の前にはゲネプロと取材会が行われた。

同作は2018年に上演された作品で、2022年バージョンは関西ジャニーズJr.の福井宏志朗と奥村颯太がW主演を務め、ヒロイン役でSKE48の松本慈子が出演する。

イギリスを代表する喜劇・笑劇作家のマイケル・クーニーの代表作でもある「キャッシュ・オン・デリバリー」はハイスピードかつハイテンションで場面が展開されていくが、福井と奥村は軽快なステップを踏みながら、さすが関西ジャニーズJr.と思わせるノリツッコミを披露。少々気の強いリンダ役の松本は、今作が初舞台ながらも、どんどんヒートアップしていく姿をコミカル&キュートに演じている。

終演後のカーテンコールでは、福井が「稽古からここまであっという間に進んできました。このメンバーで最後まで頑張っていきます!」と熱く語ると、奥村も「この初日をスタートラインにまだまだ、まだまだ、クオリティーを上げていきたいと思ってます! 何度でも観に来てください!」と会場を盛り上げた。


また、終演後には取材会が開催され、福井、奥村、松本、吉原雅斗(BOYS AND MEN)、清水順二(30-DELUX)が登壇。

福井、奥村、松本は口をそろえて「楽しかった!」と話し、福井は「楽し過ぎてテンションがどんどん上がって、想像以上に疲れました。自分の楽しさがお客さまに伝わったらうれしいです!」とコメント。

奥村も「身体が軽くなった気がする。アクシデントもあったりして、それも舞台ならではですよね」と笑顔で話した。

初舞台の松本は「全然緊張しなかったです! お客さまが入ったら緊張するのかな。でも本当に楽しかったので、この雰囲気のまま続けられたら」と本番を心待ちにしていた。舞台上では冷静沈着な葬儀屋を演じる吉原は「僕は(役の立場上)後ろから見てることが多いので…みんな楽しそうだなぁ、僕ももうちょっとワーキャーしたいなぁ、と思いながら見ていました」と感想を語った。

そして、今作が福井と奥村の拠点である関西と、松本と吉原の拠点である名古屋で開催されることについて、清水が「エンタメは東京に集まることがほとんど。だからこそ、地方からムーブメントを起こしていきたい」と語ると、4人も大きく頷いていた。