俳優の岡田将生が出演する、ビオフェルミン製薬株式会社「新ビオフェルミンS錠」の新TVCM『Big Tree/フローラ篇』が、5月19日より全国で放映されている。

2021年7月から「新ビオフェルミン S」のイメージキャラクターを務める岡田が、前回のCM「ビオフェルミンの森」より引き続き、“森の番人”として登場。今回は「ビオフェルミンの森」の中にある長寿の木「Big Tree」を舞台に、“善玉菌を増やす”大切さを伝えている。

さらに、岡田が健康の秘訣やCMの見どころについて語るインタビュー・メイキング動画も公式ホームページ・Youtubeチャンネルにて5月19日から同時公開されている。

■CMストーリー

場面は「ビオフェルミンの森」の昼下がり。“森の番人”演じる岡田が、森の中の長寿の木「Big Tree」の枝に腰掛け、バイブルを読みながらリラックスしているシーンから始まる。「腸は健康の源」。岡田のその言葉をキッカケに、少しずつ広がっていく乳酸菌の光。

すると腸内フローラが整っていくかのように、鮮やかな花が辺り一面に広がっていく。その様子を心地よく感じた岡田は、「人になじみやすい乳酸菌でおなかを整えよう」「腸内フローラを育むために善玉菌を増やしていこう」と語りかける。

最後は岡田が、人の腸と相性の良い3種の乳酸菌が入った「新ビオフェルミン S」を持ち、「増やそ、善玉菌」と締めくくる。

■CM撮影エピソード

「ビオフェルミンの森」CM1作目の白いジャケットとは違って、リラックスした衣装で登場した“森の番人”こと岡田。大きな木の幹に腰掛けてバイブルを開く姿に、「絵になる!」と撮影スタッフからも称賛の声があがった。

演技を終える度に映像チェックを行い、監督と密にコミュニケーションを行っていた岡田。前作「ビオフェルミンの森」からの世界観そのままに、素敵な演技を披露していた。

■岡田将生コメント

再び「森の番人」を演じさせていただきましたが、前回の雰囲気とはまた違った、昼下がりの時間をおだやかに過ごすところに注目してほしいですね。僕自身、改めて、おなかの健康のためには善玉菌を増やすことが大事だと気づかされました。これからも引き続き、おなかを大事にしていきたいと思います。