千鳥の大悟とノブがMCを務めるレギュラー番組「チャンスの時間」(毎週日曜夜11:00-0:00、ABEMA SPECIALチャンネル)の5月22日の放送回では、元モーニング娘。でタレントの加護亜依をスタジオゲストに迎え、タバコを愛する芸人たちが、理想のタバコシーンをショートムービー形式でドラマ化し、発表する企画「カッコいいタバコシーンで競え!第3回スモーキンシアター」を公開した。

■「カッコいいタバコシーンで競え!第3回スモーキンシアター」

今回は、しずるのKAZMA(Zはストローク付き表記)、アルコ&ピースの酒井健太、納言の薄幸の3名が挑戦し、サスペンスやハードボイルドな世界観、恋愛ドラマのような物語など、こだわりがつまったシチュエーションで、それぞれ理想のタバコシーンを映像化した。

なかでも、“尽くしてきた彼氏に裏切られた主人公”を演じた薄の作品では、予想のつかない展開で千鳥や加護も夢中になり、ドラマ終盤、真っ白なドレスに身を包んで“クズ彼氏”の結婚式場に現れた薄に、千鳥は「こわっ」「いちばんこわい」と戦慄したが、その直後、新郎新婦が行っていたキャンドルサービスのキャンドルで、くわえていたタバコに火をつけた薄の行動に、ノブは「うわ〜!カッコいい!」、大悟は「これはよう考えたね!」と驚きの声をあげていた。

そして、タバコの煙を吹きかけながら、「Congratulations!」と“クズ彼氏”に笑いかけた薄は、テーブルに並べられたお皿でタバコの火を消し、その場をあとにするという、衝撃の結末に、一同、大興奮となった。

■最優秀作品決定

薄の作品を見届け、スタジオでは大悟が「非常にいい作品を見ました」と、ノブも「鳥肌、立ちました、カッコよくて」と絶賛し、加護も「女性の鑑ですね、あんなふうにはなかなかできないです」とコメントした。

そして、今回の「第3回スモーキンシアター」最優秀作品は、その薄の監督・主演作品に決定し、審査員長を務めた大悟は「ちょっとずばぬけてたんじゃない?(過去)3大会のなかでも」と評価し、“キャンドルでタバコに火をつけた”というところが評価のポイントであったと語った。

そんななか、加護は「私だったら、吸ってたタバコをウエディングケーキに刺す」とコメントし、大悟は「イカつい子がいました」と爆笑した。

加えて、国のピンチを救う天才ハッカー“クレイジーS”を演じた酒井の作品では、緊張感のある物語とは裏腹に、スタジオではさまざまなツッコミが飛び交う。

また、KAZMAの作品では、「ワシと感覚が似てる」と、先の展開をほぼ言い当ててしまう大悟に、ノブが「めちゃくちゃダサい!」と爆笑する一方で、大悟だけが「非常にカッコいいです」と大共感する。なかなか見ることのできない芸人たちのガチ演技も楽しむことができる。