女子ゴルフのメジャー大会である「全米女子オープンゴルフ選手権 presented by プロメディカ」が、アメリカ・ノースカロライナ州にて、現地6月2日から5日に開催される。

昨年には、畑岡奈紗と笹生優花のプレーオフ対決でも話題を集めた同大会。今年は畑岡や笹生のほか、渋野日向子ら総勢15人の日本選手が出場する。本記事では、特に活躍が期待される3選手を紹介していく。

■注目の出場選手は…

笹生優花
女子世界ランキング15位。2021年「全米女子オープン」を最年少で優勝した笹生は、今大会では昨年に続く2連覇を目指す。「全米女子オープン」2連覇となれば、2000年・2001年に連覇したカリー・ウェブ以来の偉業となる。

畑岡奈紗
女子世界ランキング7位。2018年の「ウォルマートNWアーカンソー選手権」で米ツアー初優勝を果たした。そして昨年の「全米女子オープン」では、笹生とのプレーオフに進んだが、惜しくも敗れた。今大会では、昨年のリベンジとともに、メジャー初優勝の偉業を目指す。

渋野日向子
女子世界ランキング33位。“スマイルシンデレラ”の相性でも親しまれる渋野は、2019年の「全英AIG女子オープン」で優勝。42年ぶり、樋口久子以来となる日本人史上2人目の海外メジャー制覇を果たした。2020年の「全米女子オープン」では、首位で最終日を迎えたが、惜しくも4位に。今大会では初の「全米女子オープン」を目指す。

「全米女子オープン」は地上波での放送はないが、「CSゴルフネットワーク」「ABEMA」「DAZN」にて配信される。