お笑い芸人の紺野ぶるまが、初の長編小説「特等席とトマトと満月と」(幻冬舎)を刊行した。本作は、美人で背も高くスタイルも悪くない駆け出しの芸人・ムシナが、お笑いと恋愛の狭間で揺れながら生きる姿を中心に、女性芸人たちのリアルを描き出している。作中でムシナは、女性芸人として結婚することへの葛藤を口にしているが、2019年4月に同い年の一般男性と結婚した紺野自身も「めちゃくちゃ迷いました」と悩んでいたことを明かした。また、2022年4月に第一子出産を報告した紺野は、一児の母となっても下ネタである十八番の謎かけは「全然やめないです」と宣言。さらに我が子に対しては「芸人になってほしいという気持ちもある」と願望を口にした。

■小説執筆期間は“2年半”「25%は自分の体験談」

――まずは小説を書くに至った経緯から教えてください。

幻冬舎さんに女芸人3人で「ネタ見せ」にお邪魔する機会があって。その時にいた偉い編集の方が、面白がってくださって、「小説を書いてみませんか?」とお誘いいただいたんです。

――執筆にはどれくらいの期間掛かりましたか。

2年半です。最初のうちは楽しかったのですが、途中から「もっと面白くしたい」と言う欲が出て書けなくなりました(笑)。「このまま書き終わらないんじゃないか」という不安が2年半ずーっとありましたが、本当はこのオチしかないって最初からわかっていたように思います。

――ご自身の体験談は、何%ぐらい入っているのでしょうか。

25%は自分の体験談で、あとの75%は人づてに聞いた話や近くで見ていたエピソード、自分の中で考えたフィクションを織り交ぜて書きました。

■結婚への葛藤「めちゃくちゃ迷いました」その後、「変だなと思うようになった」

――小説の中では、主人公・ムシナの結婚への葛藤が描かれています。紺野さんご自身は女性芸人として、結婚についてどんな捉え方をしていたのでしょうか。

結婚についてはめちゃくちゃ迷いました。女性芸人って、テレビで恋愛のエピソードを語る時に、「モテない」とか「結婚したいのにできない」とか、“負け犬”のポーズを取るほうが笑いを取りやすいんですよね。それに周りの芸人仲間からも「女芸人は恋愛したら面白くなくなる」とよく言われていましたから。

実際に、旦那さんと出会って安定した恋愛をするようになって、自分でもネタを書きづらくなったというのは体感としてあったんですよ。ましてや結婚したら、余計つまんなくなっちゃうんじゃないかなと不安に駆られたりもして。そんなわけで、結婚もお笑いもどっちも手に入れるのは難しいかなと思っていたんですけど、途中から「変だな」と思うようになったんですね。

――“変”というと?

男性芸人は、お子さんが誕生したら「頑張れ」「もっと売れなきゃいけないね」って応援してもらえるじゃないですか。だけど、女性芸人が結婚・出産すると、ハッキリ“母”として見られる。それが嫌だなって思っていたんですよね。だから今は、自分が子育てをしっかりとしつつ、お笑いでも今まで以上の成果を出す最初の人になればいいんじゃないかなと転換して考えるようになりました。

――それでは、いわゆる“ママタレ”的なメディアへの露出の仕方は考えていないのでしょうか。

マザーズバッグをプロデュースしたり、子育てブログを書いたり、通販番組出たりとか…。もちろん、そういう仕事に憧れもあるのですが、そっちの方面に寄り過ぎちゃうと大喜利をすることやネタを書いて賞レースへ出ることと相容れない気がしています。

――じゃあ、今後もネタや大喜利をバリバリやっていくと。

子どもが産まれる前はそう強く思っていました。でも今は、子育てブログを書きたくなっていたりもして(笑)。当初は、子どもについてあまりしゃべりたくないし、顔も名前も絶対に公開しないし、出産日も明かさないっていうアーティスティックな感じでやりたかったんですけど、いざ産まれると子どもの顔をSNSに載せたいと思っちゃいましたね(笑)。

■第一子誕生後も「下ネタ謎かけはやめない」子どもには「とにかく自由に生きてほしい」

――やはりお子さんが生まれると心境が変わるものなんですね。

そうですね。少し前までは友だちとかが「うちの小さい怪獣が今日も部屋を荒らしました」とか言うのを聞いて「やかましいわ!」と思っていたんですけど、今では私が子どもに「チビモンスターさん、おはようございます〜」って話しかけたりしています (笑)。

――小説の中では「子どもを産む時は、芸人を引退するということだ」と書かれています。紺野さんも同様の思いがあったのでしょうか。

そこは本当に悩んでいました。芸人を始めた時から自分が母になるタイミングでやめる仕事なんだろうなと思っていて。一生はできないというか…。現に、出産を機に辞めていった先輩やママタレに転身した先輩がたくさんいましたし。でもある時、セオリーを気にすることで自分の活動を抑制していることに気づいて、そう考えるのはやめにしたんですよね。

――紺野さんと言えばいわゆる下ネタの「謎かけ」でブレイクされましたが、一児の母となったことでそういったネタを控えようという考えもあるのでしょうか。

全然やめないです。たしかに、謎かけをやり始めた27歳ぐらいの時は、「もしも将来子どもが産まれたら、子どもがいじめられちゃうからやめなきゃいけない」と考えていましたが、今は気持ちが変わりました。とはいえ芸として質を高めて、より上品に、直接的ではない表現でやらなければいけないと考えていますけど。

――紺野さんはかつて「しくじり先生」に出演された際、高校を中退したことへの後悔を語っています。その点を踏まえてお子さんにはどのように成長してほしいですか。

とにかく自由に生きてほしいです。もちろん高学歴になってくれたらそれに越したことはないですが社会に迷惑をかけない範囲で自分を大事にしてほしいです。たとえば、何かの理由で学校へ行きたくないと言い出したら、学校へ行かなくても生きていける方法を子どもと一緒に考えていきたいし、そういう気持ちには寄り添ってあげたいです。私自身、小学生の時は机にずっと座っていられず、勉強しなければいけないというプレッシャーの中にいることをつらく感じたこともあったので。

■紺野ぶるま、子どもに対して「芸人になってほしい気持ちも」と思う理由

――ちなみに、どんな職業に就いてほしいですか。

お笑いなんて一切かかわらず普通に会社員になってほしいと思う一方で、芸人になってほしいという気持ちもあります。

――芸人になってほしいと思うのはなぜですか。

芸人になってくれたら絶対、私のネタを認めてくれる気がするんですよね(笑)。それに、私自身が芸人になって本当に良かったと思っているんですよ。どんな失敗をしたとしても、ネタにして笑ってもらえさえすればすべて消化されますし。

あともう一つ、子どもが芸人になってくれたらいいなと思うエピソードがあるんです。父娘で漫才をやられているお笑いコンビ「完熟フレッシュ」の池田レイラちゃんが小学生の頃に、一緒にライブに出たことがあって。その時にレイラちゃんのお友達が観に来ていたんですけど、彼女がいつもよりうまくできなかったと楽屋で涙を流していたんですよ。そしたら、周りにいた錦鯉の(長谷川)雅紀さんや、ランジャタイさんが「大丈夫だよ。おじさんの人生見てみろよ!おじさんと比べたら、ちょっと失敗したくらい大したことないよ!」って励ましたり、変顔をしたりして一生懸命泣き止まそうとしていたんですよ。

それでレイラちゃんが徐々に笑顔を取り戻していく様子を見て、こんなに子どもを育てる上でいい環境はないと思いました。そんな思い出もあって、子どもを劇場に連れて行ったり、自分が書いたネタで一緒にコントをしたりするのは楽しそうだなという憧れがあるんです。

――最後に、改めて今回の著書の見どころを聞かせていただければと思います。

今回の小説は、女性芸人特有の「面白くなりたい欲」を解明したくて書きました。新しい春服を買った、髪型を変えたということよりも、大喜利でいい答えを出せたことを幸せとする人間の“特等席”とはどこなのか。結婚なのか、出産なのか、芸人として売れることなのかと葛藤するお話になっています。お笑い芸人じゃなくても共感できるような内容となっているので、この本を読んだ誰かの心と少しでもリンクしていけたらいいなと思います。