俳優の佐野勇斗が、ABEMAオリジナルシリーズ恋愛番組「恋愛ドラマな恋がしたい〜Kiss me like a princess〜」(以下、「ドラ恋」)(毎週日曜夜10:00-11:00、ABEMA SPECIALチャンネル)の第5話と第6話の番組スペシャルゲストとして出演することが決定した。

「ドラ恋」では、若手俳優と女優が、毎話、キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様を追いかけていく。番組内の恋愛ドラマで主役を演じられるのは、選ばれた男女ひと組だけで、役を勝ち取るために相手役と稽古を重ねながら、台本に用意されているさまざまなキスシーンを演じていき、その演技から本気の恋へと、一線を越えるキスシーンや、共演することで俳優同士の友情や恋がめばえる様子など、ふだんは見ることができないリアルな舞台裏をのぞくことができる。

新シーズンは、一般視聴者より、若手俳優が演じる恋愛ドラマの原案を、「おとぎ話」をテーマに募集、ドラマ化し、現代の恋愛と“おとぎ話”をかけあわせ、女性にとってのあこがれがたっぷりつまった王道ラブストーリーが見どころとなっている。

今回、「ドラ恋」第5話と第6話のスペシャルゲストに決定した佐野は、スタジオMCのハリセンボンの近藤春菜、Perfumeのあ〜ちゃん、ジャルジャルの福徳秀介、GENERATIONS from EXILE TRIBEの小森隼、谷まりあとともに、男女8人の恋模様を見守っていく。佐野が出演する第5話と第6話では、現段階での意中の相手に告白する“中間告白オーディション”が開催され、一般視聴者100名による審査で「ロミオとジュリエット」がモチーフとなったドラマの主演が決まる。稽古やドラマ撮影をとおして、仲が深まってきた男女8名それぞれが、自分の気持ちと向きあい、新しい恋の矢印も動き出していく。

「ドラ恋」シリーズへのゲスト出演が初となる佐野は、以下のような熱量高いコメントを寄せている。

今回の「ドラ恋」では、主役を懸けて、本気で演技と向きあう様子や、限られた時間で育む恋心、そして、俳優と女優が素を見せたときにおりなす人間ドラマを見ることができる。

■佐野勇斗コメント

過去に放送されたものを見ての収録だったので、早く続きが見たい気持ちがいちばん大きかったです。

役者のみなさんも、いろいろなやみながら、自分の役に向きあっていて、すごくすてきだなと思いました。

芝居の経験がほとんどない方が、すごくくやしい気持ちをあらわにする場面では、デビューした頃の自分と重なり、勝手ながら「がんばれ!大丈夫だぞ!」という気持ちになりました。

そして、スタジオのみなさんの雰囲気がとにかくすばらしく、カメラが回る前から楽しかったです。

また、すぐにでもお邪魔させていただきたいです。

実際に恋愛をしながらも、仲間として、ライバルとして、切磋琢磨しあい、作品を作るという、とてつもなくおもしろい番組だなと思いました。

一度、見出したら止まりません。

早く最終話まで見たい!!!!