なにわ男子・道枝駿佑が主演を務めるドラマ「金田一少年の事件簿」(毎週日曜夜10:30-11:25)の第7話が、6月12日(日)に放送される。同ドラマは、1995年の初放送からシリーズを積み重ねてきた、人気謎解きミステリーの最新作。

原作の「金田一少年の事件簿」は、「週刊少年マガジン」(講談社)での連載開始から2022年で30周年を迎え、日本のみならず海外でも圧倒的な支持を集めており、世界(12カ国)累計で1億部を超える発行部数を記録している。今回の「金田一少年の事件簿」は、ディズニープラスで世界配信もされる。

道枝が演じる主人公・金田一一は、名探偵・金田一耕助を祖父に持ち、難解な謎に満ちた殺人事件をIQ180超の頭脳で解き明かす天才高校生探偵。上白石萌歌演じる幼なじみの七瀬美雪や美 少年・岩崎大昇演じる後輩・佐木竜太、沢村一樹演じる警視庁捜査一課の剣持警部と共に大胆で緻密なトリックを暴き出し、犯人たちの悲しい動機に迫る。

脚本は、川邊優子、大石哲也が担当し、演出を木村ひさし、丸谷俊平が手掛ける。

■「金田一少年の殺人 解決編」あらすじ

第7話では――

殺人犯の疑いをかけられた一(道枝駿佑)は、今や警官を負傷させて拳銃を奪った凶悪な連続殺人事件の容疑者にされていた。それでも佐木(岩崎大昇)から美雪(上白石萌歌)が心配していると告げられ、必ず自分で真犯人を捕まえてみせるとの思いを強くする。

橘(勝矢)は、新作原稿をかけた暗号ゲームで、参加者達にバトンリレーのように伝言を残していたが、その伝言を託されたものは、次々と死を遂げている。

3人目の被害者、桂木優里奈(ゆきぽよ)が託されていた伝言から次のターゲットが野中(宮澤エマ)だと察した一は、彼女の元を訪れる。そこで新たに伝言を聞き、「重要なのは伝言の内容ではない」ことに気づく。しかし、野中も犠牲者となってしまい、またもや追われる身となった一。

逃亡するも、一は屋上で完全に包囲され、警察相手に銃で立ち向かう。剣持警部(沢村一樹)が説得するが、「なんで信じてくれないんだよ。捕まるぐらいなら死んだ方がましだ!」と叫ぶ一。次の瞬間、銃声が響き、血を流した一が倒れていく。

未発表原稿に書かれていた驚愕の事実と、一に罪をかぶせ続けた見えざる敵の正体がついに明らかになる。

――という物語が描かれる。

■道枝駿佑“一”「見えざる敵…。俺があんたをねじ伏せる番だ」

公式ホームページなどで見ることができる予告動画には、「犯人は必ず俺が見つけ出して見せる、じっちゃんの名に懸けて!」と、今回の事件解決を誓う一の姿が。

さらに、一の「見えざる敵…。俺があんたをねじ伏せる番だ」というせりふも。緊迫した表情で銃を構え、“敵”と対峙する様子が公開されている。

そんな中、警察に包囲された一は「捕まるぐらいなら死んだ方がましだ!」と叫ぶ。その直後、銃声が響き、白いシャツの胸元を赤く染める一。地面に倒れこむ一の姿が映し出され、美雪が「はじめちゃん…!」と泣きそうになりながら名前を呼びかける声が聞こえる。

※岩崎大昇の「崎」は正しくは「立つ崎」